株式会社 ソシオ

ほほ笑みで語りかける フラダンス公演

2012-12-21 カテゴリー: 近況報告 ソシオ 回転木馬 — socio @ 7:02 PM

フラダンス.jpgパンフ                                会長と竹本カウンセラー 会長と(元)竹本カウンセラー

はつ雪が舞い、うっすらと路面に舞い散るさまは、汚れのない銀色の妖精のように、
地上の私たちに、何かを語りかけてくれている様です。 

人が生れ、育ち、結ばれる結婚、その愛のかたちは、また人が生れ、人間自然の
摂理は、人々が豊かな環境の中で支え合い、つながってゆく社会で成り立っています。
この雪のようなきれいな想いで、この国にみんなが元気で 幸せであって欲しいと
 降る雪に願いを込めました。

そして 先日、皆様ご存知の(元)ソシオ 竹本カウンセラー出演のフラダンス公演会
Kalei Lehua Hula Festival 2012 に鈴木会長同伴で、初めてその晴舞台を鑑賞して
参りました。
カレイ レフア 率いる1200人余りのグループ毎の華麗な、そして優美なその動きと、
それぞれの個性に秘められた、あのほほ笑みは、どこから生まれてくるのでしょうか。
満場の観客ひとりひとりに語りかけるように、ほほ笑みの天使たちの その表情に
すっかり魅せられてしまいました。 
フラダンス ブログ用

(元) 竹本カウンセラーは、グループの中心に居て、存在感がありました。
ふりかえれば数年前、予期せぬ病魔に見舞われ、大手術で一命をとり止めました。
その後体調がすぐれず、そんな状態の中でも、ソシオメンバーの皆様に全幅の愛を
注ぎ、沢山のカップル誕生に貢献してくれました。
しかし体調不良はピークに達し、余病を併発し、退職も余儀なく、その後の苦しい病気
との闘いに、心身共に疲れ果て、あれだけ苦しんだ彼女が今、大観衆を前に、まるで
溢れんばかりのにこやかな美しい笑顔で、無心に何かを語りかけてくれている様でした。

 もう、胸いっぱいに広がる感動の涙、涙、涙。流れる涙と感無量の嗚咽を必死に押えて
いました。
病魔を克服して、その苦しかったときを、フラダンスの世界で自分を取り戻したその7年の
歳月を経て、立ち直った本来の快活な彼女に、惜しみない拍手と声援を送り続けました。 

きっと 神様が人々のしあわせづくりに全力で奉仕した、そのご褒美にフラダンスの世界を
与えて下さったのでしょうね。改めてほほ笑み、の大切さを再認識いたしました。
たった一度の人生、私たちも更にほほ笑みの世界で、お客様やメンバーの皆様を明るく
元気に、ご良縁をお届したい。愛のほほ笑みいっぱいに。

 (元)竹本カウンセラーをご存知のOB様やメンバー様に 近況ご報告と、彼女に元気の
エール、届けて下さると嬉しいです。

                                                    専務取締役  鈴木 梨津子

(資料請求をご希望の方はコチラ)