株式会社 ソシオ

復活祭 純愛カップルの愛の詩

2019-08-08 カテゴリー: ソシオしあわせの灯り絆プロジェクト — socio @ 3:25 PM

1918年12月28日の  ある愛の詩シリーズ   「青春を駆け抜けた  純愛」でご紹介のカップルが
記念写真を届けてくれました。

古都  京都の古式ゆかしい  重要文化財 下鴨神社で6月に挙式、式後真っ直ぐに感謝の
ご報告にご来社。愛とはこんなにも美しく輝かせるものか、と感動で一杯でした。
感謝のメールに添えられた 嬉しいメッセージと写真、聖職冥利、最高の慶びです。

この度、ソシオさんでご縁をいただきまして、平成のうちに入籍をすませる
ことができました。
5月初旬に引っ越し、6月中に結婚式とイベント尽くしでした。
今も、新しいことばかりで とても新鮮な日々を過ごしています。
二人でいると悲しみ半分、嬉しさ二倍、と言葉がありますが、こんなにも
純粋な言葉なんだと知りました。
信頼がおけて、安心する方と出逢えた奇蹟。
ご縁の神様  専務をはじめ、ソシオさんのスタッフ皆様に感謝! 感謝!です。

.

画像1.jpgM-S .

写真後藤・木村結婚式トリミングー1

画像1.jpgg-k

.
さすが大手法律事務所 経営のお父様、細やかなご配慮で伝統文化ゆかしい結婚式のアルバム
持参で、先日8月4日にご夫妻お揃いで お越しになり久しぶりの専務との再会に、抱擁のスキンシップ
とても美しいシーンでした。

フレッシュで仲睦まじいお二人に、ご見学面談中のお母様とお嬢様。別席ではドクターズ父子にも
ごあいさつ。スタッフ共々祝福の輪に「おめでとう!」 温かいサロンのひとときでした。

.

画像1.jpggo=ki

.

画像2.jpg式後の二人

0284

復活祭の愛のドラマは、美しい男女の愛の詩を綴りながら結ばれました。
ふたりで生きるライフワークに、また あらたな夫婦のあゆみ、家族の詩が刻まれます。

男性として 女性として  あんなに美しく磨かれて、最高でした。
感謝を添えて持参されたアルバムの贈り物、ソシオの宝物、又  ひとつふえました。

幾久しくおしあわせに!

ソシオしあわせの灯り絆 プロジェクト

.


(資料請求をご希望の方はコチラ)