株式会社 ソシオ

ある愛の詩 シリーズ。 掲載お休みのお詫びとお知らせ

2018-08-06 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 8:54 PM

赤とんぼや、にいにい蝉の啼き声が、今夕闇せまる天満宮の大樹から
流れてきます.

.

10000000000000050506_災害復興現場2
.
.
6月18日  関西地区を襲った大地震、そして7月6日から大豪雨災害
次々と天災は各地を荒れ狂い、1ヶ月経った今も その爪あとは
日本各地に甚大なその被害をもたらし、濁流がのんだ町は、今、
猛暑の 中、懸命な復旧作業に追われています。

そして今日、広島は73年となる原爆の日を迎えました。

人が苦しみ  哀しみの中にいる今、「ある愛の詩  シリーズ」をUPする
タイミングを見ていましたが、その状況は訪れません。

GWに続き、次々と結ばれた  愛とよろこびの詩は、何故か不謹慎では
ないかと、ためらわれ、本日に至りました。

今しばらくのご猶予をお願い申し上げます。

人々が寄り添い  平和な日常が、一日も早く戻る日を、心からお祈り
申しあげております.

.

NPO法人  ワークライフバランス推進協力機構
.        婚産学連携統合 SOCIO

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

スペシャリスト人材養成・ベーシック研修セミナーを受講して <その2>

2017-08-28 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 5:44 PM

秋の気配を感じながら 賀茂川にとんぼが飛びかい 行き交う人々の表情にもやすらぎが感じられます。
京都ならではの秋の訪れです。


20120826132409鴨川ー3
賀茂川のほとり

子育ても終わり、これからの半生を、生き甲斐のしあわせ創りに貢献したいと、ソシオ採用内定から
数週間後に、メンバーズ期待の青春塾セミナーに、初めて参加させていただきました。

若々しい青年男女、そのご両親様揃っての会場は、出迎えるソシオと、親しみとぬくもりの人間愛に、
びっくりいたしました。

創業者 専務のメッセージ ひとつひとつが、心の琴線に虹いろの伴走の、
その深い意味とソシオ理念を肝に銘じました。

8月に入り入社、アットホームなベーシック研修は、とても判りやすい具体例であっと言う間の二日間を終えました

翌日から早速実務レッスンです。

特に12日(土)13日(日)は次々とケアマッチに訪れる皆さんとのコミュニケーション。
新しく迎えるご来社の接待に心が踊りました。

創業40年と言う歴史の重みと実績、メンバーズ全員を理解し、熟知した愛の讃歌を綴る伴走支援は
結婚専科ソシオがオンリーワンの 改革から生まれた正統派を実感致しました。

画像1.jpgコスモス
咲き乱れるコスモス

毎日が新しい発見の実務に、独身時代学んだ〇〇航空会社での 貴重な体験をプラスして
生かせる毎日が、今は只々無我夢中。

明るい性格でフィニッシュアップ。大目標は、ご成婚カップル誕生です。
残された半生を少子化貢献に夢限りない毎日です。

ご指導、ご助言の程 何卒宜しくお願いいたします。


セラピー補    .A・K


しあわせの灯り絆プロジェクト

(資料請求をご希望の方はコチラ)

愛を学ぶ青春塾 共感の想いと感動の輪

2017-07-28 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構, 青春塾 — socio @ 7:10 PM

日本中を吹き荒れた豪雨と天災。そして猛暑。その復旧に
心身共にお疲れの皆様に衷心よりお見舞い申し上げます。
.

. 同時に政治不信に明け暮れる国会の現状。マスコミ取材 動画等による 無節操なプライベート
個人攻撃は、その原因と中傷誹謗の応酬に これまでの美しい日本文化や国民性を置き去りにした
様な今を憂いながら、どうぞ節操ある日々に還ってほしいと祈らずにいられません。

.

画像1.jpg祇園祭り集合

.

そんな時期に予定通り、美しいラブの実りを祈り、7月16日(日) 京都祇園祭りの前夜祭 宵宮と
重なりましたが、メンバーズ期待の青春塾セミナーは これ迄以上のご両親様揃ってのご同伴もあって、
会場満席の中、大盛況裡に若者の愛の磁力、養分と なりました。
沢山の気付きや発見  反省は、現状社会では知るすべもなかった男女の美学、スムースな
コミュニケーションや対人関係学、会話力と表現力、成功、失敗 のケーススタディを交えて
感性人間のすゝめ等。青春を生きるメンバーズに大切なTPOを伝授。

特に交際後のプロセス、ポイントアドバイスを結婚現場から成功法の生中継は、無心にメモをとり
聴講する姿はさすが上質婚を評価するにふさわしい熱意が、ご本人と そのご両親様のアンケートに
感謝と感動の言葉が、勿体ない程ぎっしりと綴られていました。

一般的に講演会は、その時の感動や記憶は時と共に薄れてゆくことから、いつもの通り創業者 自らが
夜を徹して書き上げたテキストには 、常に自分を磨くために自然に会得するために、忘れかけた
大切なことを、時が経っても自己成長につなぐためのものとして、40年の成功、失敗の体験を丁寧に
そっとひも解くテキストがお役にたつ様に、完成度の高い成長を願って、判りやすく ひもといた実母の
愛で 綴られたバイブルです。

著作権と部外秘の手作りの貴重なバイブル提供は無償の愛、ソシオならではの聖母の祈りが込められて
います。メンバーズそれぞれの分野は、国家認定の難関をクリアーした専門職。叡智と尊敬に価する
メンバーズ達にも、男女の対人関係はふたりで生きる結婚。ワークライフバランスのためにも、学ぶ
べきテーマであり、現状社会に課せられた大テーマであると言えるでしょう。
テキスト提供は 、信頼の渦となって美しい人間愛に包まれていました。

オリエンテーションでは、特に細やかに第一印象、アプローチから、ニード、クロージング に至るまで
会場の中行きつ、戻りつ、ひとり ひとりに語りかけ、寄り添い、共感を共有する反応を 確める事も
忘れませんでした。

婚学、婚育、伴走支援を標榜するメンタルコミュニケーションⓇ  心に響くスムースな対人関係学
連携プレーの重要性と、聞き上手、好かれ上手、恋愛学の極意は、社会学大学院の修士課程、夫婦で
未来を生きる上での必須科目。感性が枯れてゆく今、人間本来の、あるべき未来像にかえるときです。
忘れかけた大切なことにふれたと、有難い感想。アンケートには、通じ合うことの信頼関係。
ソシオメンバーズのマナーと良識伝わってきます。と あらたな感性が添えられていました。

.

画像4.jpg青春塾.専務29.7.16

画像3.jpg青春塾全体29。7.16

10分間の休憩が終る頃、先回  昨年12月24日クリスマスイブの日の青春塾 に参加された
ふたりが超特急の新快速便で、あッと言う間にゴールイン。 アツアツのカップルが、陣中訪問、
ごあいさつに訪ねて下さいました。

(注)3月16日付、ある愛の詩シリーズ ブログ 若さ弾ける青春賦 ご参照)

ご自分の体験を率直に、そのプロセスを語る、若さと、勇気と行動力に溢れた 大企業社長付
エリートエンジニア。ますます美しく、愛される女性のよろこびを率直に 語る、こちらも京都老舗企業の
社長秘書が身についた、とてもとてもお似合い の名コンビネーションカップル登場に、メンバーズ達から
羨望のまなざしと、体験を語るそのプロセスは、今日学んだ事そのまゝに、参加して学ぶこといっぱいの
讃辞がアンケートに綴られていました。

.

画像1.jpgふたり青春.

ご成婚カップル登場

最終章では、出会いからゴール迄の重要なポイントと流れを、結婚専科の現場 から成功法の生中継。
スタートから実りの日、婚約迄の細やかなステップを 不許複製禁止の著作権を有するテキストに
ご両家、ご両親さまのご賛同あるお相手様ご紹介を最高責任者 会長による、ご両家様ご紹介
ご婚約決定までの流れを順序よくまとめてあります。ご婚約成立迄のステップは、今風シンプルに
なりました。
信頼の証しで提供したテキストは、結婚専科を改めて証明、ゴールに向って 学習する意欲がとても
嬉しく伝わってきました。

終わりも近ずき、男女  代表スピーチでは、男性、女性共にとても謙虚に反省と感謝と意欲が
若さいっぱいにのべられました  。

お父様代表では、上場有名大企業の(元)取締役様(定年後退職)から、身に余る 感動いっぱいの
感謝のお言葉が添えられ、さすがの大企業。多才なご経験と お人柄が滲むお言葉の奥に、真実の
パーソナリティに、拍手が鳴り止まぬ風景 となりました。このお父様スピーチ代表のお嬢様も、
この春、先程ご紹介した超特急の新快速でゴールインしたカップルの青年のお母様からの
ご紹介でした。

続いてお母様代表スピーチでは、ピアノ教室を開いて、感性豊かな逆に学ばせて頂くことの多い
気くばりや謙虚さ、人間性に、ソシオ大ファンのお母様から、こゝろに沁み入る讃辞が のべられ、
さすがの美しいスピーチと素敵なセンスの母親像は、東大大学院卒の大企業戦士 出会いのないご子息が
初めて知った青春の日々。
ソシオでの出会いの現状を見ても総合点120点。どうすればこんな素敵な青年の子育てできる
のでしょう。と 誰からも好感度評価の青年。常に謙虚さいっぱい。スピーチに込められた感謝の
讃辞 こちらも鳴り止まぬ拍手に、華を添えました。

青春塾の前日(土)一橋大学卒  商社勤務の青年も、先日婚約したばかりの青年の お母様から
「正統派ソシオは、即ご紹介のお相手が居る」とすゝめられて ひとりでご見学。
システム、お相手選び  紹介の日程も一通り終えて、翌日は、早速 青春塾参加ラッキーチャンスでした。

セミナーの終わりのとき、大きな父の愛、母の愛に感謝のお返しを、・・・。
それは、只そばに居るだけで、しあわせを感じる絆。それが結婚のカタチです。静に語りかける
心に沁み入る瞬間。目がしらをそっと押える愛するメンバーズ達。

セミナーも終わりに近づき、そのあと、創業者 専務から贈られた、モネの傘や、スカーフ。NPOからは
チョコレート。ビールやワイン、とりどりの空くじなしのクジ引きプレゼント。
最後は、♪♪ 見上げてごらん夜の星を ♪♪ 合唱 ♫ 手をつなごうボクと、♪ 追いかけよう夢を !
ふたりなら いつだって・・・
♫  全員輪になって手をつなぎ、心ひとつに。
信頼とやる気のムードいっぱいの想いが、会場いっぱいに溢れていました。

終わりのときを迎えて、総合司会  全責任者の中谷社長から感謝のあいさつに
「今日のセミナーを最後と心得て、長時間  全情熱を傾け、メンバーズへの 祈りを込めた
創業者 専務は87才。体調不良の中、最後迄疲れも見せず よく頑張ってくれました。
私たちはこの志を立派に引き継いで、正統派オンリーワンのしあわせづくり一筋の道を
極めて参ります。」その声は、涙と感謝に震えていました。
そして又、受けた創業者 専務もグシャグシャな、涙と感動の棹尾を終えました。

創業40年 しあわせ創りひと筋に生きたソシオは、その後も絶え間なく 続く お口こみ評判の
ご支援に支えられ、次なる挑戦 第2次 リージョナル コミュニティの輪を、少子高齢化社会解消に
あらたな進化企画。 本格派 青春サークルは、人間性豊かな 選ばれた青年男女が集う、オンリーワンの
愛の讃歌を綴る 伴走支援  結縁(ゆうえん)の輪  しあわせは  あなたの隣にある を実践して参ります。

.

画像1.jpg誕生日花束

.

ご婚約の日に .     .黒板に綴った短歌.

ひたすらに 手しおにかけし君なれば
.        巣立ちゆく日の 淋しくもあり

嫁ぎゆく 吾子を手離す  こころして
.        空の彼方に 両手 合わせる

セミナー終了と同時に、祇園祭  宵宮のコンチキチンの囃しの中へそれぞれの交際中のカップルや
今日がご良縁となりますように、それぞれが歩行者天国めざして、飛び出して行きました。

一部のメンバーズやご両親様が、マンツーマンのコミュニケーションのために
残られ、感謝のお言葉や
今後のご相談を
お受けしました。優先的に出席されたメンバーズに、ご良縁を届けましょう。とは
セラピーたちの熱意、伴走支援の姿勢でした。出席できなかった事情の方たちには、貴重な半年に
一度の大優先セミナー、届けること叶いませんでしたね。

その翌日からも、ご出席頂きましたメンバーズ、ご両親様から次々とお礼のお電話や お問い合わせ、
交際中の長文のメールも
引きも切らず、あっと言う間に10日間が過ぎました。
青春塾は愛の磁力でした。

生涯しあわせづくりに貢献する、長寿社会を生きるソシオの役割り、長い歴史となる様です。

.

(しあわせの灯り 絆プロジェクト)

.

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

SOCIO 40周年記念 感謝キャンペーン完了 ご報告

2017-07-12 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 2:47 PM

文月、梅雨の晴れ間に  雨に濡れたうす紫のあじさいの花に  こころ癒すひととき
3年前のある愛の詩を、懐かしく想い出しています。
消化器外科ドクターカップルのゴールにしたため、短歌を贈った日の感動が甦って
きます。

梅雨の日の   愛   咲きそめし あじさいは

薄むらさきの  人に恋せし

余りにも美しい純粋な大人のラブロマンでした。
医師として使命感に燃えた  ご誠実なパーソナリティ。そして妻となった彼女もまた
謙虚で美しい才女の、ある愛の詩ストーリーは、これからのゴールをめざすメンバーズ
の皆さんにも、見習ってほしい人間力は、約6ヶ月の、伴走の日々を振り返り、雲上の
竹田城址でのデートや、患者を護る医師の使命感に燃えた夫となる人を、深く理解し
支え合い、信頼の絆で結ばれた日々を、ドラマチックな愛の讃歌は、大病院の深夜の急患
にも、外科部長としての夫を、新妻の健気なサポートは、その後、愛の結晶、ベビー誕生と
共に  ますます熟成まろやかで、折々にいつも温かい声を届けて下さいます。

うす紫のあじさいの季節を迎えるたびに甦える想い出のストーリーです。

..

hydrangea1-300x200.jpg紫陽花

画像1.jpgブログ用会長ロゴ.

.

創業40年。ふり返れば、しあわせ創り  ひと筋の道を、只ひたすらに創業の想いは、
開発と進化の実績から創り上げた、婚育伴走支援への熱意に明け暮れた反骨のエキスパート。
ソシオは、山あり谷あり、正しきを追及する余り、激流を渡り、聖城滅びし日の
苦難の 道を切り拓き、結婚専科の目的地に着地して、こんなにも沢山のご支援者の皆様に
支えられ 最高に、しあわせな、聖職の道を、しあわせ一杯の境地で40年をふり
返っています。

安心で高品質の次なる開発  発想  改良に明け暮れた40年は、常に時流を読み、次なる
ステージは、結婚専科の、上質婚を見事に実証する事ができました。

猫の手も借りたい  ご成婚OBの皆様のご家族みんなのご支援は、40周年 感謝  キャンペーン中の
「京都に本物がある」「確かな出会い、ハンドメイドの伴走で、次々と決まっている」
感謝の口コミ ご支援は、遂に、休日返上、睡眠返上。全役員、スタッフ、NPO理事の皆様
OB各位、何とも温かい  お心こもる  ご支援に明け暮れました。

その中でも  6月25日  結婚式場では、ホテルリーガロイヤルで華燭の典に招かれた
新郎新婦の東大、奈良女子大のクラスメートから、連日のお問い合わせが続きました。
(ソシオブログ ある愛の詩シリーズ、学研同志の純愛、2017年1月23日ご参照)

その披露宴(ご出席者  約100名)の感謝のごあいさつに新郎のお父様から
ご出席者の皆様に、こころに響くごあいさつの中で、夢と希望と勇気を頂きました、と
そのごあいさつに込められた感謝の言葉に胸をうたれました、・・・と仰言るのです。

「本日 ここに並ぶ新郎新婦は、実は京都にあるソシオで、鈴木雅夫、梨津子ご夫妻の
婚学、婚育伴走支援により、素晴らしいご良縁で結ばれました。
実は、この席にご夫妻をお招きしていたのですが、ご夫人の急な発熱のため、この席で
ご紹介できませんでした。言葉に尽せぬ感謝でいっぱいです。
ソシオで息子も沢山のことを学びました。この感謝の気持ちを皆様の前で披露し
オンリーワンの正統派が、NPO 法人 ワークライフバランス推進協力機構として、沢山の
人たちが結ばれているソシオである事を、感謝の言葉にかえてご紹介いたします。」

EPSON05740周年ブログ③

.

この様な、勿体ないご紹介があった事に、驚きと感動と励ましは、更に衿を正し、聖業に
恥じぬこの道を、更に精進する起爆剤ともなりました。信念を貫いて、山坂を越えた
やり甲斐の一語に尽きます。

さすが、公私共にご立派なご両親様。活動中も常に  忌憚なく交流の日々、信頼と尊重の
ソシオ風土は、どなたの場合も一緒です。親の知らない事までメンバーズとメンタル
コミュニケーション。虹色の伴走支援、経験豊富なアドバイジングは、東京在住の
メンバーズも、実家は関西圏のため、毎週でもデートのあと我が家があります。

ただいま~と、まるでわが家に帰って来る様な、気楽で、いつでもスペシャリストの本音の
コミュニケーションや、お相手様選び、ご交際中の相手の状況も、即キャッチできる、
信頼の輪。進展がない時は、あらたな出会いを提供し、出会いが個々の学ぶ場となり、
そのプロセスも完全キャッチ。ソシオだけのメンバーズ制だから、本人は勿論家族背景も
充分なバランス配慮の紹介で、全くムダがないのも特徴のひとつです。

マンツーマンの出会いもスムースで、土、日のソシオサロンは、緊張を柔らげる、
アット ホームな、立ち合いご紹介の場は、開放的なムードづくりと、もてなしの
季節の品を添えて ゆっくり向き合えるふたりの世界演出に、特に配慮。
必ず、ふたりに合う話題づくりから、あの席も、この席も、明るい談笑ムードに
「はじめまして」も 品性あるメンバーズたちの共感が交流する、まさに選ばれた
青年男女の若々しい青春サークル そのものです。

その都度の、ご紹介費も、月々の会費も勿論無料  ゼロ。だから、確かな出会いとゴール
のための 伴走支援なくして、大前提のご成婚には届かない事を、平成4年迄の、全国
ネットワークの ITシステム、パーティー、ありとあらゆる経験、開発のトップランナー
としての猛省から、立ち 直ったゼロからの再スタートは、全くクレームのない安全地帯を
構築しました。

ソシオ結婚専科再スタートから25年を経た今、人と人を結ぶ、結婚の原点とは  を大テーマに、
直接ユーザーと向き合う 日々は、今、大きな廻り道をして、償いの日々に還ることが、
できました。

いつでも頼れる人が居るソシオサロンは、家族同様のもてなしやコミュニケーションに、
ソシオの 土、日は、もてなし、サービスに、息つくいとまもない風景を、みんなよく知って
いるから。 だから身近で  頼れる存在と、なっています。

結婚式翌日から26、7才の女性やエリート男性から、お問合せ、ご来社見学、即、活動開始
早くもご紹介 、ご交際へ、結婚専科、上質婚を実感して頂いています。

この様なご信頼のお口コミに支えられ、メルヘンの世界ではなく、孤高の婚学  婚育を追い
求めた 使命感は、常に過去と現在が、社会と人のために、が、心の中をゆき交うスペシャリスト
聖業として 結婚アスリートとして、時流に流されない  先進、独自のステージで、まぎれもない
河の流れの ように、走り続けた40年でした。

.

EPSON05840周年ブログ④.

.

40周年 感謝キャンペーンは、逆に感謝のお返しとなってソシオを温かいハートで、
ご支援下さいました。
改めまして、深い敬意と感謝を申し上げずにはいられません。

今、日本が抱える人口減データーを基に作成された日本の未来年表は、これからを
生きる子供や孫  若者  高齢社会を生きる、長寿社会に緊急  赤信号が鳴り響いています。

その解消のために、年頃になったら、いつでも  結婚できる安心の場所がある。
当業界の、良心的大改革は、今の日本社会のドライでクールな側面 そのものの様に、
もの哀しい。本来の日本文化をとり戻すことで、出会えなかった。相手が居なかった。決まらなかった。
婚活と言う名のマイナスイメージを払拭できる時代に還らねばなりません。

ソシオを訪ねる97%は、婚活被害を体験し、水を得た魚の様に、本来のご自分を取り戻す昨今。
泣き寝入りして耐えた、貴重な旬の時期を悔やまれる親子の胸中 、その姿に、今こそ声を大にして
行政と一体となり 、政治が取り組む大優先課題ではないか。協力支援大転換の時代到来です。

今こそ 隣人愛の輪を。 結縁(ゆうえん)の和を。

出会いが、人生を大きく左右する  責任あるセクションとして、しあわせの灯りをともす
婚産学連携の社会貢献をめざす新たな41年目の第2次再スタートを祈らずにはいられません。
人に尽すよろこび  を共有できる社会 であります様に。

.

EPSON05940周年ブログ⑤.

.

たくさんの皆様にご支援を頂いたキャンペーンの盛況に改めて心からの感謝を申し上げます。


しあわせの灯り 絆プロジェクト

.

.

メンバーズだけの男女合同
愛を学ぶ青春塾セミナー を開催致します。

かねてよりお知らせしておりました、お待ちかねの  愛を学ぶ青春塾セミナーが、開かれます。

前回、昨年末クリスマスイブの12月24日、ご交際中のカップルも
お揃いで参加され、早々に6組12人のカップルがゴールされました。
その後も引き続き6月ジューンブライド迄に、合計13組26人が見事な
ご婚約となりました。
ワンステップもツーステップも成長の足跡が生涯寄り添う美しい
愛の詩を綴りました。
(注)超多忙のため、ある愛の詩を綴る時間もなく、お蔵入りしています。

時代の急激な変化は、若者に真の男女のあり方を忘れさせている傾向は
上質良縁をめざすソシオにも一抹の不安要素となりつつあります。

スムースで円満なゴールと将来に備えて学ぶ程、垂れる稲穂のように、謙虚さと
自分自身のため、ソシオヒューマン倶楽部契約書に、出席義務の契約を交わして
います。学校や職場でも学べなかった人生哲学は、良縁のエキスとなります。

(今回、ご両親様、又、母同伴のお申し込みが多く、親席も設けました。)

学ぶ事は、新しい発見や気付きが生れ、こころの栄養剤となって、ものの見方
捉え方、対人関係や、愛される自分の道しるべとなります。
好感のもてる  出来る人程  謙虚で、素直な学ぶ姿勢が更に愛される人物像を育てます。

しあわせなゴールのための、又とない機会を大切に、と申し添えます。

創業者  鈴木専務の体験豊富な渾身のセミナーは、今回が最後となります。
メンバーズへの深く限りない愛と祈りの贈り物です。

万障繰り合わせて、大優先でご出席ください。
沢山の出席が予想されます。満席をもって〆切ります。未だの方は、大至急お申し込みください。

.

ソシオ  ヒューマン倶楽部   婚育事務局

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

NPO 法人 WLB ワークライフバランス推進協力機構 通常総会ご報告

2017-06-01 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 10:19 PM

.

EPSON044NPO総会報告ブログ1 (2)

.

2017年  NPO法人ワークライフバランス推進協力機構 第8期通常総会
並びに第9期理事会のご報告をさせていただきます。

初夏の風かおり立つ5月28日、第8期通常総会に於きまして
平成28年度の事業報告、決算報告原案の承認、そして平成29年度の事業計画
予算計画を満場一致で可決されました。

ワークライフバランス推進のための総合的事業計画を現状社会に照らし、特に
少子高齢化解消対策を最重点に、積極的意見、提案がありました。
ソシオノウハウを最大限に生かし、婚産学連携統合に基づき、明るい社会生活改善へ
第9期  本格的に活動することになりました。

セラピスト配偶者の緊急入院や両親の介護等、現状社会現象の通り、人手不足の
補充をしながら、推進することになります。
皆様の更なる温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。
夫々が重要な社会的役職で、出席出来なかった理事3名、改めて、6月3日(土)
追加会合を致します。

。第9期   第1回理事会

ソシオと当NPO法人が婚産学連携統合 一体となって、一般的婚活では対応できない
高学歴社会のビジネスエリート、企業戦士、ドクターズ、男女を問わず超多忙で
職務優先の人々に手を差し伸べる、親子の苦悩を大改善する「ソシオメイトフォーラム
親学の会」。
メンバーズのための、スムース円満な成婚のための人間学「愛を学ぶ青春塾」など
超  結婚難時代に、適齢の独身男女の結婚を、スタートからゴールまでの伴走支援は
オンリーワンの結婚専科Ⓡで証明されています。

本年2017年は、ソシオ創業40周年の歳、しあわせ創りに生きたひと筋の道を
結婚難に苦しむ人々に、しあわせの灯りをともすプロジェクトとしてNPO法人  WLB
ワークライフバランス推進協力機構  10年目の前哨戦の歳と重なり、業界オンリーワンの
虹いろの伴走(登録商標)を大車輪で結婚専科®の、決意も新たに使命を全うして参ります。

ワークライフバランス確立支援に関する事業として、結婚、出産、子育て、教育、絆、介護
高齢社会の生き方等々、多目的にわたり、家族の幸せを願う総合的な支援達成のための
スペシャリスト育成、業界唯一のOB会の原点に立ちかえる歳と位置づけました。

年頃になったら、誰もが気楽に取り組める安心、安全社会をめざします。

遂この前まで満開の桜も、はらはらと 風に散りゆくさまは、地面いっぱいに敷き詰めた花びら。
でも又、そして新しいいのちが芽生えています。

.

2EPSON045NPO総会報告ブログ

.

人は決してひとりぼっちじゃない事を、隣人愛に満ちた社会が戻ってくることを念じながら
温かいハイタッチ総会となりました。

淋しい人がそばに居たら、温かい灯りになろう、創業の理念に立ち返る記念すべき歳の
再スタートでした。

(資料請求をご希望の方はコチラ)

婚学、婚育 伴走支援が産み出す ソシオメイトフォーラムの進化

2017-04-28 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 2:30 PM

初夏を感じる好天に恵まれた4月23日、世界各国から、日本の伝統文化発祥の地
京都は、観光シーズン本番、古き佳き名所旧跡を訪ねて、日本中から、世界から
沢山の観光客を迎えています。
垣根を越えて、友情を育み,好感度な交流は、路地裏にも外人の姿を見かけます。

昨年の勢い そのままに、 上質婚ゴールへと続いた12月のメンバーズ期待の「愛を学ぶ青春塾」は
受講後、13組26人のカップルが「虹いろの伴走 」支援に応えるように、ご両家ご紹介 ご婚約
結婚式と、とてもスムースにゴールが続いています。

画像1‐画像NPO法人-300x132

EPSON034花を摘む女性

「ブロヴァースの休日」

青春塾の磁力は、婚学、婚育のエキスを培養。
ハートいっぱいに、人間的成長と共に、青春を謳歌し男女の愛の素晴らしさを満喫しました。
そのプロセス支援は、共に伴走するセラピストたちの愛の結晶、エクセレンスなゴールとなっています。

逆に、合理化優先のIT社会は、対人関係の機微も知らない。男女の愛も未知の世界。
結婚を本人だけに任せる時代ではなくなりました。
超 結婚難 少子化社会の原因
は、急速に、男女アンバランスな職場環境変化をもたらし、
今こそ 親の深い愛をさしのべる現状認識と、親学を通じ、
結婚の現状、実態を理解、
結婚難解消へ協力支援の必要に迫られました。ソシオの灯りとぬくもりの、
ソシオメイトフォーラム
親の会 親学見学会は、安心確実なゴールを届ける大役にお応えしています。

4月23日(日)お子様のしあわせを祈り 願う親の切実な想いが一堂に。
ご立派なセクションと、品性あるご両親様お揃いで、現状社会の実際に真剣な学ぶ姿勢が
会場一杯に、親の愛が溢れました。

不安定な世相は、ますます不透明感を増し、「人は、ひとりでは生きられない」
日本の総人口もこの数年急激な、人口減を続けています。

少子化対策は待ったなし 、個人の将来は、ふたりで生きる未来設計へ、自ら進んで自分のために好条件の

ときにワークライフバランスよく寄り添う人と自分のために創り上げる。そこに、結婚の大きな意味があります。

毎回大好評の、フォーラム開催を待ち侘びる親の想いにお応えするために、敢えて25名前後の
ご参加に限定し、おひとり おひとりに寄り添うぬくもりに包まれています。

画像3.jpg会場ぼかし

創業40年。反省と改善の歴史に培われた  上質の出会い  結婚専科が、結婚難解消
少子高齢化解消のため、NPO法人  WLB 最高顧問  特任教授であり、ソシオ創業者の
鈴木梨津子専務 は、息つくいとまもなく公的業務に追われ。今回の講演が最後になるかもと、
その熱い情熱と深い想いを、幸せづくりに生きた40年の集大成、 実務の中から伝えたい聖職の想いを
人としての生き方を、そして業界のあるべき方向を、成功体験から生れた実際のケーススタディを交じえ、
ご出席のご両親様に丁寧に語りかけ、多くの気づきとご理解  ご賛同の中、大きな愛の手をさしのべました。

あるお母様が、こんな熱意の、しかも86歳の自分を忘れて「神ってる・・・」と・・・
梨津子専務の大方針、「相手優先、自分は、後」常にスペシャリストの道をゆく姿に、
受講後、綴られたアンケートには、しあわせ創りの王道をゆく第一人者、とありました。

ゴールデンウィークを間近に控えた今回のフォーラムは、ご子息様、お嬢様と
ご一緒に、親ご同伴の ご見学予約で、つぎつぎと日程が詰まっています。

ブライダルシーズン本番のジュンブライド6月は、ソシオ創業40周年の月と重なり
あらたなイベント特別企画にも正統派オンリーワンの、エクセレンスブライダルとして
一石を投じる、あらたな開発進化への道を進めて参ります。

EPSON041スタッフ会議


出会いが人生を変える。その先導役を務める徹底した人財教育、実践に磨きをかける
セラピスト達。
永年の人間味溢れる惜しみなきサポート、ご支援は、メンバーズの人間的成長と安定した未来へと
続いています。スタッフ一同、熱い情熱、深い想いは、更に一層の伴走支援サービスに努めて参ります。
変わらぬご支援をお願い申し上げます。

めい あい へるぷ ゆう

代表取締役社長   中  谷    健

(資料請求をご希望の方はコチラ)

 「世界の平和を願って」 感動 共感の想いをご紹介 

2017-03-26 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 4:58 PM

.

.

愛子様が、22日学習院女子中等科をご卒業されました。皇太子様、雅子様も
卒業式に出席され、4月からは、学習院女子高等科に進学されます。
.

愛子様2

.愛子様1

宮内庁は、愛子様が卒業文集に寄せた、平和への思いを綴った作文を
公表しました。

愛子様の作文を拝読しました。
15歳の多感なお年頃の素直で、ひた向きな想いが綴られています。
目の当たりに見た原爆ドームの印象、千羽鶴を手向けた思い、平和への感謝が
行間に溢れています。

日頃の両陛下が向き合う国民への姿勢、想い、そして、ご両親の皇太子殿下
雅子紀のご家庭の文化が、真摯に反映されているように思います。

以下、愛子様の作文をご紹介致します。
.                          社 長  中 谷 健.

.
世 界 の 平 和 を 願っ て.    . 敬 宮 愛 子

.

卒業をひかえた冬の朝、急ぎ足で学校の門をくぐり、ふと空を見上げた。
雲一つない澄み渡った空がそこにあった。家族に見守られ、毎日学校で学べること、
友達が待っていてくれること…なんて幸せなのだろう。なんて平和なのだろう。
青い空を見て、そんなことを心の中でつぶやいた。このように私の意識が大きく
変わったのは、中三の五月に修学旅行で広島を訪れてからである。

.

原爆ドーム

.

原爆ドームを目の前にした私は、突然足が動かなくなった。
まるで、七十一年前の八月六日、その日その場に自分がいるように思えた。
ドーム型の鉄骨と外壁の一部だけが今も残っている原爆ドーム。

写真で見たことはあったが、ここまで悲惨な状態であることに衝撃を受けた。
平和記念資料館には、焼け焦げた姿で亡くなっている子供が抱えていたお弁当箱、
熱線や放射能による人体への被害、後遺症など様々な展示があった。
これが実際に起きたことなのか、と私は目を疑った。

平常心で見ることはできなかった。そして、何よりも、原爆が何十万人という
人の命を奪ったことに、怒りと悲しみを覚えた。命が助かっても、家族を失い、
支えてくれる人も失い、生きていく希望も失い、人々はどのような気持ちで
毎日を過ごしていたのだろうか。私には想像もつかなかった。

最初に七十一年前の八月六日に自分がいるように思えたのは、
被害にあった人々の苦しみ、無念さが伝わってきたからに違いない。
これは、本当に原爆が落ちた場所を実際に見なければ感じることのできない
貴重な体験であった。
その二週間後、アメリカのオバマ大統領も広島を訪問され、
「共に、平和を広め、核兵器のない世界を追求する勇気を持とう」と説いた。
オバマ大統領は、自らの手で折った二羽の折り鶴に、その思いを込めて、
平和記念資料館にそっと置いていかれたそうだ。

私たちも皆で折ってつなげた千羽鶴を手向けた。私たちの千羽鶴の他、
この地を訪れた多くの人々が捧げた千羽鶴、世界中から届けられた千羽鶴、
沢山の折り鶴を見たときに、皆の思いは一つであることに改めて気づかされた。

.

広島記念公園

.

平和記念公園の中で、ずっと燃え続けている「平和の灯」。
これには、核兵器が地球上から姿を消す日まで燃やし続けようという願いが
込められている。この灯は、平和のシンボルとして様々な行事で採火されている。

原爆死没者慰霊碑の前に立ったとき、平和の灯の向こうに原爆ドームが見えた。
間近で見た悲惨な原爆ドームとは違って、皆の深い願いや思いがアーチの中に包まれ、
原爆ドームが守られているように思われた。
「平和とは何か」ということを考える原点がここにあった。

平和を願わない人はいない。だから、私たちは度々「平和」「平和」と口に出して言う。
しかし、世界の平和の実現は容易ではない。
今でも世界の各地で紛争に苦しむ人々が大勢いる。
では、どうやって平和を実現したらよいのだろうか。


何気なく見た青い空。しかし、空が青いのは当たり前ではない。
毎日不自由なく生活ができること、争いごとなく安心して暮らせることも、
当たり前だと思ってはいけない。
.

.
折り鶴05

.
なぜなら、戦時中の人々は、それが当たり前にできなかったのだから。
日常の生活の一つひとつ、他の人からの親切一つひとつに感謝し、
他の人を思いやるところから「平和」は始まるのではないだろうか。

そして、唯一の被爆国に生まれた私たち日本人は、
自分の目で見て、感じたことを世界に広く発信していく必要があると思う。
「平和」は、人任せにするのではなく、
一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから。

「平和」についてさらに考えを深めたいときには、また広島を訪れたい。
きっと答えの手がかりが何か見つかるだろう。
そして、いつか、そう遠くない将来に、核兵器のない世の中が実現し、
広島の「平和の灯」の灯が消されることを心から願っている。

.

17才卒業文集に寄せられた、余りにも純粋、無垢な真っ白な想いが綴られ
このニュースに釘付けになりました。

私は、みんなが美しい隣人愛で平和を祈る国民性を、一緒に継げていけたら
と、胸いっぱいでソシオブログに投稿させていただきました。

人を想う世の中を創りあげたいソシオの理想が、恐れ多くも同様であることに
今も感動の想い、鳴りやみません。
.         鈴 木 梨 津 子

ソシオしあわせの灯り絆プロジェクト

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

早春の ソシオメイトフォーラム

2017-03-03 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 9:59 AM

早春のかおりは、いっ気に初夏のような光がふりそそぐ中、
早春のソシオメイトフォーラムが開催されました。

ご子息様 お嬢様の円満なご結婚を願ってご両親様一堂に、とても熱心にメモを取り、若者を取り巻く社会環境に改めて深いご理解を示されました。

講演担当の創業者 鈴木専務は、86歳!!
若い時から40年余りをこの道一筋に歩んでこられた年輪の重さからくる言葉の深さ。
ひとこと  ひとことにお人柄からくる温かさも加わり、言葉の一つ一つが深く心に響きます。
時には立ち上がり、時には歩み寄り、ご参加者の皆様の反応もその都度くみ上げて、ひとりひとりに語りかけるような講演内容はとても魅力的でした。
また、そのパワーたるや春の陽気をも包み込むほどの熱さです。
終始  和やかに笑みをたたえ、優しく語りかけ、お話の内容はこの上なく濃く、実体験をふまえて、とてもわかりやすい例をあげられるのですが、
その  ひとつひとつに、真実のストーリー、ドラマがあり、いつの間にかどんどん引き込まれていきました。

実際のケーススタディを、きちんと数字をあげて説明されるので、
漠然としたお話ではなく、その説明も公明正大、
伴走支援のプロセスは、現実社会の厳しさを深く理解されるきっかけとなりました。

ご両親様の深い想いが、会場いっぱいに拡がっていくのです。

テーマ「親学のすゝめ」では、大きくうなずきながら、変わりゆく時流の現実を、
親の愛と理解の大切さに、本音は、幼いころのスキンシップや優しさを求めている。
親に対しては、いつまでも子供の目線・・・。

結婚には夢がある、旬がある。
旬とは必要とされる時期、心身ともに、みずみずしい時期、新鮮なハートとラブが育つ。
若々しい肉体に健康優良児が育つ。

結婚適齢期を軽視しない。旬は上質婚に大差がつく。旬は余裕がある。
自信と
よろこびにあふれ、急成長。
相手に必要とされる旬の時期、上質良縁の最短距離である、などゝ。

今日ご出席の皆様には、責任もってゴールをお届けします。
ここまで約束できる確信・・・。
一瞬、会場が静まり返り、深くうなずくご両親様の後姿が、最後方で勉強していた私にはよーく見えました。

.                

いつの間にか時間は過ぎ、気が付けば予定の時間は過ぎていましたが、誰一人席を立つひともなく、あっという間の時間でした。

結婚を見届けるまでは、親の責任。出番ですよ・・・深くうなずくご両親様。
最後のご挨拶まで皆様の集中力が途切れなかったのは、本当にすごいことだなと思いました。

それほど、講演の内容が、今、結婚難に悩む若者たちについてタイムリーな内容だったのだと思います。
生きた情報の数々は、やはり迫力があります。
またご両親様の想いは、専務の愛のある確信と実績によって、癒されていかれるのも感じました。
何より専務の熱意に触れることで、本物のソシオがある、と勇気と期待を得ることができたのではないでしょうか。

そして、今、まさに求められているのは、ソシオ理念  めいあい  へるぷ  ゆう 熱意なのではないかと感じます。
誠意こそ、ひとすじの光明なのかなと感じます。

結婚について、誰かに背中を押されたい、踏み出す勇気をもらいたいと、実は誰もが心の中で思っているのかもしれません。

そんな気持ちを素直に表せる場所こそ、人と人をつなぐ最初の一歩になりうるのでしょう。
専務の大きな愛を受けて、私も微力ながら誠心誠意、お幸せ創りのスペシャリストでありたいと こころに誓いました。

またこのフォーラムのために、役員・担当スタッフのきめ細やかな準備 気配りは、ソシオの寄り添う伴走者そのものでした。
ご出席の皆様の感謝と熱意のアンケートにも、共感の想いと吾子への親の愛が沁み込んでいました。
さあ! 早速皆さんの活動開始のスタートです。
目下セラピー補として勉強中の私のハートにも、更に熱い灯りをともしました。

セラピー補    西   本

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

      ごあいさつ、感謝の 創業40周年を迎えました。

2017-01-05 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 6:27 PM

2017年酉年、あけましておめでとうございます.

画像1.jpg初日の出

今年は穏やかな天候に恵まれ、初日の出に合掌。
本年も、早々に沢山の年賀状を頂き、懐かしい想い出や、ほほ笑ましいエピソード等
当時を想い出し、ご夫妻、お子たちのご成長に、目をみはり、1月4日御用始めの
ソシオサロンは、年始早々よろこびに湧いています。
ご丁重なご両親様やご夫妻の感謝のひとこと、ひとことにも、お役に立たせて頂いた
当時を懐かしく想い出しながら、しあわせ創りに生きた半生をふり返り、皆様への
感謝の想いが溢れてきます。
本当に有難うございます。

皆様ご家族お揃いで、希望に満ちた新年をお迎えの満面の笑顔に、あの日
あの時をふり返りながら、ご円満な家族の絆に、改めて心からのお歓びを
申し上げます。

昨年は、社会の急激な時流の変化や、人財不足に加えて、創業者専務の
癌手術闘病の中、激動の一年ではありましたが、それでもエクセレス ブライダル専科に
ふさわしいメンバーズに恵まれ、親子の様なソシオポリシーは、純粋な結婚専科に
ふさわしい伴走支援に明け暮れました。同時に、激動の婚活難民救済への、まさに
業界オンリーワンの足跡と、大空高く翔びたつカップル誕生に、沢山のご支持とご支援
あればこそ、こころ豊かな結婚専科®の正道を、更なる感謝と進化を遂げるべく、決意を
新たに致しております。

そのような中、ソシオの上質婚・快速伴走・成婚のツールは、当業界に類のない
オンリーワン結婚専科として、高学歴社会と世界に誇る優秀人材による、大いなる
研究開発進化を遂げた人材、有能なるが故に多忙で、結婚チャンスきびしい現状社会に
照準を当て、ソシオ独自のメンバーズだからこそ、ご満足の役務を果せたことは、創業40年を
ふり返り、激動のあらゆる試練を、迷わず改革したと自負しております。

お蔭様で、新年早々、婚約の連続、盤石の状態で酉年を迎えました。
.

image4Q98MGJ5

.

酉年2017年は、大空高く飛びたつ コウの鳥の様に、これ迄、5年10年20年
そして40年と、ご縁のあった、 皆様方の変わらぬ熱い感謝のご支援のお蔭
あればこそ、NPO法人 WLBと連携統合強化の2年目を迎え、更に創業40年を
謙虚に、躍進の役務を果して参ります。

日本社会は今、世界一、少子高齢化社会となり 年々人口減少が続く、火急の社会と
なりました。
混迷の世界経済の行くへは、今を生きる人々に大きなテーマを与えています。
国家、個人、OB家族の未来、ご縁に恵まれない多くの人々のために
広く社会と次世代の為に一丸となって、結婚難解消、ひいては子育てへと
尽力しなければなりません。

ソシオの使命を最大限発揮する、創業40年を強力進化の歳として、結果で証明。
今後共に変らぬご支援、ご指導、ご鞭撻の程、重ねてお願いを申し上げます。

ひとりぼっちではない、ふたりで生きる環境改善へ、10年後、20年後の次世代に向かって
未来社会のための叱咤、ご助言も併せてお待ち申しあげます。

ご成婚の約束を堂々と宣言できた SOCIO であり続けたい。
秘めた決意を胸に新年のごあいさつと致します。

ご一同様のご多幸とご健勝を、いつもお祈り申し上げております。

感謝

.

WLB NPO法人 ワークライフバランス推進協力機構
結婚専科 しあわせの灯り絆プロジェクト

株式会社   ソ  シ  オ
代表取締役会長  鈴 木 雅 夫
取  締  役  社  長  中   谷    健

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

2016年 有終の美  愛を学ぶ青春塾セミナー

2016-12-28 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 9:26 PM

画像1.jpgセミナー看板

クリスマスイブの ライブ イズ ソシオ  心に響くセミナーは、ジングルベルが鳴る
師走の12月24日(土)のクリスマスイブの日、2016年を締めくくる 愛を学ぶ
青春塾 セミナーは、愛に溢れ、熱意と感動の活気に満ち充ちて、2016年を
有終の美で完了いたしました。

今回は、日程の設定に、3連休の中間を期待して土曜日の設定に、楽しみに
待ち望んでいたメンバーズ全員に届けること叶いませんでした。
土曜出勤の企業環境は、増々厳しくなっています。
上質良縁のゴールのために熱心なご両親様の代理出席や、新婚カップル
婚約間近の数組のカップルなど、大盛況の内に、
本年最後の掉尾を飾りました。 .

画像1.jpgセミナー背景

今年は、年始早々に専務の予期せぬ初期ガン発覚。入院手術のスタートと
なりましたが、ドクターストップ療養中も、メンバーへの愛は募るばかり、2月2日に
寄せられた メンバーズの君たちへ のメッセージに「病める今がもどかしい。」
「真実の愛を実らせて、病床の今も差しのべたいメンタルサポート。
あなたを待つ 人が居る。その人に寄り添う君のそばにかけつけたい。」
年輪と共に、ますます深まる結婚専科への愛。

創業者専務が、夜を徹して書き上げたテキストを手に、泉の様に沸き上がる
愛と熱意のセミナーに、くい入る様に学ぶメンバーズの皆さん。
まさに オンリーワンソシオの しあわせな人生、結婚哲学とも言える、きめ細やかな
愛のセミナーは、ご出席者の皆さんに深い感銘と気づき、反省が生れました。
まさに例年以上に、今年を締めくくる 12月のご両家ご紹介結納の連続
ニューフェースの登場。
青春塾の翌日には、数組のカップルが予定通り婚約打ち合せ、と大輪の
花の実りで 〆く ゝる 嬉しいご用納めとなりました。

画像1.jpgセミナー風景B

青春塾では、愛される対人関係学、男の美学、女性の美学を
主テーマに、様々な ケーススタディーを交えた『現場の 生中継』で、とても
分かりやすく、即実践して 頂ける内容で、非常に好評でした。
出席されたメンバーズは、非常に聡明で ソシオがめざす婚学、婚育
伴走の主旨、メンバーズ各位のパーソナリティ、謙虚で 人間性が
素晴らしい、と改めて再認識致しました。 .

画像1.jpgゆず

セミナーの締めくくりに、ゆずの 見上げてごらん夜の星をーぼくらのうたを
参加者、スタッフ共々合唱し、一体感に包まれ、全員のハートにあらたな
感動が 生まれました。

画像1.jpgセミナー風景C

青春塾の翌日には、アンケートに込められたご要望や想いを
分析し、その心に添って サポート、それぞれはずんだ声で、感謝の言葉や
専務の体調をご心配頂く優しい 心遣いを頂き、OBさくらんぼの会の
ブログにも投稿が寄せられました。

最後にクリスマスイブの日、前夜祭を協賛企業、ソシオから楽しい
プレゼントの イベント、抽選くじ引きなど童心に返って、素顔の
みんなが、それぞれにデートに スタート、アンケート中の残り組を
改めてデートに送り出したり、その結果は みずみずしい嬉しい
デート報告に追われました。

画像1.jpgクリスマス写真

オリエンテーション

実りを結ぶコニュニティーと男女の美学
愛される対人関係学
好感度な第一印象、会話と表現力
恋愛の極意、感性人間のすゝめ
出会いからゴール迄重要なポイントと流れ
結婚現場から成功法の生中継
細やかな情報交換 連携が実りを結ぶ秘訣
アプローチから実りの日 婚約迄のステップ


アンケート 抜粋

(男性)
※自己磨きは不足していたな、と反省しています。

※第一印象の重要性を理解することが出来た。相手の話もよく聞くことを心がける
ようにしていく。

※ 互いが互いを受け入れてくれる謙虚さの重要性を改めて感じました。
恥ずかしさが先に立ってなかなか自分の気持をストレートな言葉で伝えられない
ので 、小さなことからでも言葉にして伝えて行こうと思います。

※連絡の重要性の点のご指摘を受けておりましたが、その理由もよく理解できました。
メールだけでなくお電話もするようにいたします。

※人柄を樹の幹に例えたお話し、理解し易かった。枝葉の、姿、形や条件などで
なく、幹の人間性や根っこの将来性が大切です。

※会話をすることに苦手意識があったが徐々に慣れてきています。女性が興味ある
ことに、関心を持ち、話しやすい雰囲気造りをすること。連絡を密にすることが大切。

※男女間の対人関係学のエッセンスを学ぶ機会がなく、どう振舞うべきか、迷うことが
多かったが、これからは一本筋を通すことが出来ると感じます。

※短い時間の中で学ぶことが多く、すぐにすべて実行出来るかわかりませんが

出来るようにして行きたいと思います。

※結婚は、条件ではなく、
大切にしてあげる人のところに、来るのだと思います。

※出会いのチャンスに感謝し、相手を受け入れる大きな気持ちが大切と思いました。
専務さんが言われた会話力ノート、作ります。

(女性)
※一つ一つの出会いを大切にしていくこと。相手を想い、相手を立てる事。

※自分の考えと異なっているとしても相手の考えを受け止める。受け止めることは
実践したいとおもいます。

※相手に必要とされるように度量を広げようと思いました。

※支えてくれる方々への感謝の気持ちを忘れず、求めすぎないこと。良いとこ探しを
して、言葉にして相手に伝えること。

※まずは受け止め、相手の良いところ探しををしていくことが大切。相手にばかり
求めるのではなく、まずは自分を磨き上げていくことが大切です。良縁に恵まれる
人の特徴を一つ一つ実行して行きたい。

※相手がどう受け止めてくれるかが、大切なのに、私は当たり前のことを忘れていました。
十分に反省し、改善します。気づかないうちに、最近の私は「自分」 のことしか考えて
いない人間になっていました。謙虚な気持ちを常に忘れないように心がけます。

※求めるだけではいけない、と謙虚に受け止めました。見た目で判断することなく、
お相手の本質の部分をよく見ていかなければと思いました。

※常に自分磨きをして、未熟な自分なのに相手にばかり求めていました。反省して
います。家庭の中でも、謙虚な気持ちと笑顔を忘れないようにします。

※お相手に望むだけでなく、素直に受け入れてもらえる自分磨きを心がけて 、日々 努力します。

※自分磨きをして、相手への感謝の気持ちを大切にしたいと思います。自分自身を
振り返る いい機会になりました。

※専務、本日は大変ありがとうございました。気づきや自分自身を見つめ直す機会に
なりました。今日から早速実行します。人生のバイブルになりました。

※ひとりで悩むのではなく、もっと積極的にご相談させていただきたいと思います。
本日は大変貴重なお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。

※結婚というのは自分をしっかり磨き、人間性を高めた先にある事を学びました。
今まで高庄さんに沢山のアドバイスを頂いておりましたが、今日のセミナーを
通して 、その本当の意味に気づきました。出会いとか、結婚を考えることが
しんどいと感じていましたが、専務のお話をお聞きして前向きになることが
できました。また一から頑張りたいと思います。

※専務には病後でのお身体を押して熱い想いと心のこもったお話しを有難う
ございました。 改めて気づくことや反省すること、こころから思ってくださって
いることが、よくわかりました。

(親)
※専務様の熱意と心からのアドバイスを有難うございました。親子共々勉強させて
頂きました。ありがとうございました。どうぞ皆様お疲れでませんように。

※娘の代わりに出席させていただきました。娘にどこまで伝えられるかわかりませんが
結婚の本質、しあわせになるために生まれてきたことなど、話して行こうと思います。

(新婚カップル)
※結婚した今でも為になるお話しを聞けて良かったです。結婚が決まるまでの過程で
ソシオさんと連絡を密に とるのは大切だと思います。ソシオさんのサポートが無ければ
成婚まで至っていません。結婚した今でも、相手への尊重と思いやりを大事にして
います。去年の青春塾では、素晴らしい連絡のやり取りを講義頂きすごく参考に
なりました。

画像1.jpgセミナー風景A


お伝えしたいこと、気づいて頂きたいこと、実際のケーススタディを交えて、鈴木専務の
変らぬ熱意は、渾身の力を振り絞り、体力の限界を越えて、限られた時間のなかで、
沢山の事を気付かせてくれました。
出席されたメンバーズの皆様、ご両親様、お母様、新婚カップルと、真摯に、謙虚に
受け止められたと感じています。

それぞれのスピーチにこめられた感謝の言葉は、この日のために、担当スタッフ
役員共々陣頭に立ち、夜遅くまで、細やかな準備に替わらぬ愛が溢れていました。

有終の美で締めくくった2016年、関係ご一同様に衷心より厚くお礼と感謝を
申し上げます。
ソシオの婚学婚育伴走支援、その言葉に集約された、離婚のない円満な結婚は
当然のこと、ご両親に祝福された確かなゴールのホームランお届けいたします。

.

NPO法人 ワークライフバランス推進協力機構
ソシオ  しあわせの灯り絆プロジェクト

.

この一年のご支援とご協力に、心から感謝を申し上げます。
来年も変らぬ しあわせを結ぶ 結婚専科のブライダルロードを、より一層
社会貢献に邁進いたします。
お揃いで、すこやかな新年をお迎えください。ご一同様のご多幸をお祈り
申し上げます。

取締役社長  中  谷  健

スタッフ一同

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

古い投稿 »