株式会社 ソシオ

新政権の公約、国難 少子化減少 政治主導支援に期待

2017-11-02 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 3:39 PM

待ちに待った 少子高齢化が解散理由と初めて位置づけされた 政権選択選挙。

しあわせづくり一筋の道をひたすらに走り続けて、進化する時流の波は、IT社会に翻弄される
かの様に真剣に人生設計、結婚に取組む人たちにゴールが見えない 婚活不信者が、ソシオご来社時
99%に達する現実に立ち向かっている今、しみじみ回顧するのは、当、結婚産業の認証機構
(経産省主導)で業界代表数社を交えて何10回となく検討会合を重ねて、ソシオが最後まで異論を
となえたとき、全体像や、実態を充分掌握した親身な担当官が「ソシオさん、今のところはこの案で
業界団体として成立。いつの日か、必ずその経過を通して、大改革のときが来ますから・・・」と
そっとソシオをなだめ諭された日の苦しい妥協と手と手の温もりを想い出しています。

画像3.jpg親子4人縞柄


結婚難解消は、人と人の未来へと続く虹の架け橋として、信頼の実績の上に積み重ねた あらゆる体験が
信頼と期待、夢を託された人たちへのお返し円満スムースなゴールが約束だと夢中で走り続けて
きました。


それは おひとりおひとりの夢や期待を心得て、ソシオを通じて生まれる発見や、歓び 活力、成長を
贈れるソシオであること。
だから、手と手を添えて 婚育伴走が、いつかふたりの えにしを結ぶオンリーワンの結婚専科Ⓡで、
ご信頼の輪に支えられてきたこと。
晩年の今も、生涯現役でご支援のよろこびに明け暮れていること。


でも当業界は、政治主導の業界改善によって 国難人口減少に歯止めとなる大役を果たす出番。
生涯独身や晩婚化、孤独人生から脱皮して、寄り添い支え合う夫婦の絆、当たり前の時代へ還る社会へ。
政治支援、助成によって、少子高齢化社会解消の最先端産業となるチャンスとして、ソシオ10年以上の
念願の提言が最速の人口増、高齢化解消の貢献、結婚生産の先端産業となる事を願うものです。

.

pixta_18084529_家族

.

以下、第98代首相 第4次安部内閣に対し 提言、要望の上申書です。

.

国難 緊急少子化解消対策 提言 要望について(首相官邸宛 意見書)


第48回衆議院議員選挙、自民党圧勝おめでとうございます。
国難を乗り超えてゆくためには、安定政権が絶対であり、世界にリーダーシップを発揮する
重要な継続と、解決は、自民党以外にないと、常に変らぬ一筋のご支援申し上げた感激で
いっぱいです。


今回も選挙戦の第一声は、少子高齢化を北朝鮮と並ぶ国難と位置づけ、少子高齢化が
解散理由とされたのは初めてです。
政権選択選挙のメインテーマとなった意義は極めて大であり、国家の土台を根底から揺るがす
有事であり、大国難です。選挙の度に、少子化は公約とされながら、その意味を政治家が
正しく理解していないのではないか。重大な認識不足ではないのか。

今回も幼児教育、保育の無償化が、国難の解決策なら、対策とは言えません。
少子高齢化の現実は非常に超深刻。人口減少も出生数減少の解決も、結婚なくして通れない
と言う現実を、その重要性を、2005年から2013年迄、9年間、自民党、担当大臣、
少子化解消タスクホース担当官宛、少子高齢化が進む日本の現状打破について20回に及ぶ
提言上申しました。

結婚奨励を重要政策と位置づけ、現場の声を真剣に受け止め、アベノミクスと対等な重要施策は
置き去りのまゝ、見捨てられて来た現状です。今回、安倍総理から、少子高齢化を「国難」と
位置づけられた意義は、極めて、的確で大きいと存じます。少子化改善対策として、待機児童
ゼロとか、子育て無償化などに止まり、結婚奨励支援、出産支援の政策は全く無視の政治は、
対策の遅れを生んでいます。

我々は、少子化改善対策の為、創業40年、株式会社結婚専科ソシオ代表取締役及びNPO法人
ワークライフバランス推進協力機構理事長として、離婚のない結婚成立に取り組み、全国に
ソシオOB 5万 プラスその両親、家族を数える実績をもって、訴え続けて来ました。
12年以上前から、時の政権に対し、監督官庁窓口経済産業省大臣宛少子化対策のための提言書を
提出 上申してきました。
(ソシオHP「伴走ソシオ」沿革ご参照)が、積極的な施策は、皆無でした。当時自民党に対しても
1000ページに及ぶ提言書を提出しました。当時内閣府少子化対策タスクホースに、サービスを
提供する側の立場から、青年男女の結婚難と、あきらめの実態と具体的施策案を提言。事務局担当を
通じ霞ヶ関に再三通いました。


折角取りまとめつつあった頃、結婚難に苦労している青年男女の実情や、玉石混合で監督できない
業者の実態も知らない、小池百合子氏が、「そんなこと、街コンでいい」と軽率な一言で喝破し、
真剣な深みのある対策に進むことなく頓挫しました。経産省担当官(当時)も、萎えてしまった
ことをご存じでしょうか。
国を憂い、人を愛するソシオ。理念や使命は闇の中。無視され続けた今、結婚難社会は超深刻。
必死に戦っています。時間は待ってくれません。
(このままでは日本人は絶滅を招くと迄記されています。)

画像5.jpg木陰親子3人

10月19日(木)選挙運動中に党本部に国を挙げて結婚奨励助成支援をTELで提言しています。


人口減少ストップは、結婚難解消のための社会。職場環境改善、結婚産業支援による大改革がなければ、
業界信頼回復による結婚、出産の安心社会へ政治主導が問われる、婚活被害者の実態を調査する必要に
迫られています。


緊急対策として、次の3点を提言上申します。

A、社会の「結婚」機運をアベノミクスと同一次元で高める。企業に社会に共有認識と支援機運を。

B.青年男女、一人一人に寄り添う仕組み、適切な出会い、成婚第一、質のサービス事業者を、支援
する。(街コン、合コン、パーティは成婚乏しく離婚発生多し)(結婚軽視が招いた母子家庭、
貧困、いじめ、虐待、 自殺)離婚が招く子育て、進学、犯罪、家庭崩壊など現状社会の改革
支援こそ政治の力です。

C.結婚。出産に対するダイナミックな支援こそ急務です。

次の2点を是非参考としてお目通し下さい。

1,。書籍「未来の年表」河合雅司著。著者は産経新聞論説委員、元内閣官房有識者会議委員他厚労省、

農水省等の委員会委員を歴任

訴え続けてきた提言。党本部に埋もれたまま という事の無い様、今度こそ、国家未来設計の
大優先課題。結婚難に苦しむ本人や、その家族の実態に政治の温かい支援無くして、解消は
ありえません。
社会に夢と希望を実現する、政治支援者の期待を裏切る事の無い様、期待致します。

.

どう思いますか 11月1日 朝日新聞(声より)

批判よりも自党の政策論じて (熊本県 高校生 17歳)


日本において若者の投票率の低さは、度々議題に上がる。
この事態を改善すべく、公職選挙法が改正され、選挙権が18歳からに引き下げられた。高校での
主権者教育も行われたが、今回の衆院選の18、19歳の投票率は、総務省が行った一部小選挙区の
速報値でみると41.51%で、全体の投票率53.68%を下回る結果となった。
18歳から選挙権を付与することで、今後、若者の投票率が上がるのか、私は疑問に思う。
では、どうすれば「根本的」解決ができるのか。私は、政党が政策を十分説明し、明確に選択肢を
示すことが必要であると思う。特に今回の選挙では、どの候補者がどんな信念を持っているのか
ほぼわからなかった。正直言って選択は消去法であり、仮に全ての候補者が消されたなら。
投票しないという選択をする若者も少なくないのではないか。
つまり、投票率の低さは若者の意識のみならず、政党にも責任があると思う。国民の意見を政治に
反映させるためにも、政党がしっかりと説明責任を果たすことを望む。他党批判ばかりではなく、
自党の政策を論じて欲しい。

こどもイラスト2

.

国民を思う清い政治家ですか (福岡県 高校生 17歳)

衆院選では、野党が「打倒安倍」を叫ぶ。そして有権者にこう言うのだ。「皆さん」「まっとうな
政治を取り戻します」
あなた方野党は、これまでその機会があった。
しかし、あなた方が永田町でやってきたのは安倍政権の問題探し。確かに野党は与党の牽制が仕事だが、
北朝鮮のミサイル問題、憲法改正の問題より安倍政権の問題探しだった。
なぜ有権者はあなた方を野党とするのか。それはひとえに優秀な代表があなた方の内におらず、大義を
忘れたからだ。
私たちは新たな有権者として、清く、正しく、誠実な政治をあなた方に求めたい。だからあなた方は
安倍うんぬんと言う前に、己は故田中正造氏のように、国民を思い国を思う清い政治家であるか、
考えて欲しい。何故 今こんなにも皆 政治に興味がないのか。それはひとえにあなた方の言行の不一致、
国民の代表であるということの自覚のなさにあると言って過言ではない。頼りないのだ。
私たち10代を もの知らぬ子どもと思わないでほしい。私たちとて、国を憂える一国民だ。

人と人が寄り添う絆の大切さは、結婚による ぬくもりの世界。
どうぞ昔のように人間らしい いたわりの時代をとり戻したいもの。

離婚による悲劇が今日も9人の犠牲者発見で新聞、テレビで目をそむけたい事件が発生。若者が生きる
望みをなくす時代を招いたIT進化の陰に生れる若者たちの今後にも法改正と、次世代育成考えさせら
れます。

この国に生れてよかったと言える 国民性取り戻せる日、協力支援大切ですね。

紅葉に染まる秋の日、しみじみ回顧したい一年でした。


(資料請求をご希望の方はコチラ)

「国難」少子高齢化社会解消への結婚奨励支援対策の要望

2017-10-26 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 4:09 PM

成婚されたソシオOBのお父様から、「OB さくらんぼの会」のブログに投稿がありました。
結婚専科®ソシオは、離婚のない結婚成立に取組、成婚カップルを次々に送り出しています。

.

画像1.jpg親子3人.

.

画像2.jpg影絵3点

.

国難の少子高齢化社会の到来に、2005年から2014年の9年間に20回にわたり
危機の現状打破の必要性を政府、行政に提言書を上申して参りました。

今回の衆議院選挙の結果次第で、国の施策に大いに期待するものがありました。
この思いを、OB・OGの皆様、そのご家族様の皆様がこぞって声にし、共有したいと
願っています。その想いの投稿がありました。下記、ご紹介致します。


「大いに期待したい 新安倍政権」
.

二つの台風が通過しました。

超大型の台風21号は、大きな爪痕を残し、太平洋に抜け、温帯低気圧に変わった様です。
犠牲者も出ました。残念です。私も昨夜は、久しぶりに台風の脅威を味わいました。
家が悲鳴を上げていました。

第48回衆議院選挙が、投開票されました。公示前に急な嵐の予感をさせる選挙戦のスタートに
なりましたが、安倍政権の継読が選択されました。国難として、北朝鮮問題とともに少子高齢化の
解消をうたっていました。少子高齢化の打開策として、教育無償化するとあります。

ソシオさんは、常ゝ育児問題の前に、結婚問題を解決して、出産、育児、それが最優先だと
言われています。その通りだと思います。会長、専務さんは、10数年前から、政府行政宛に、
少子高齢化社会の未来予想の提言書を、ご提出されてきたともお聞きしています。

安保や憲法、社会保障の改革、経済の活性化など問題は、山積していますが、国家の100年の計は、
耳にしません。
人口減の歯止めが最優先の課題じゃないかと思っています。

先日、ソシオさんから 河合雅司氏著の「未来の年表」の本を紹介頂きました。折々の
新聞の記事から、漠然と理解をしているつもりでしたが、自治体の消滅、国民の3人に
1人が65歳以上になるなど 差し迫った緊急問題が次々と現実味を帯びてきます。
恐ろしい未来図です。孫たちの時代の大問題です。

政府が積極的に音頭をとり、結婚奨励支援を具体的に施策し、環境作りをして頂きたいと切に願います。
この強力な安倍政権のもとで、実行して頂きたいと期待しています。

以上、ご紹介致しました。

「鈴木会長」のコメント

OB ご両親様の変わらぬご支援にいつもいつも感謝しています。

機児童ゼロと児童保育料の無償化を唱えます.
確かにそれも大事です。しかし、先ず、結婚、出産です。

政府は、「アベノミクス」の様に、世間がアッと言う、思いきった、「結婚奨励」の施策の
手を打つ必要があります。もう、タイムリミットです。

首相官邸宛、意見書を上申しました。11月、監督官庁に提言、上申の為,霞が関に参ります。
「未来の年表」の著者河合雅司氏にもお会いすることになりました。
河合雅司氏は産経新聞論説委員で、元内閣府検討委員会委員で、政府ともパイプがあります。

OBの皆さん、そのご両親様、ソシオは永遠に元気です。是非、身の回りの、未婚の男女に、
気楽に、「夢があるよ、青春のサークルを覗いてご覧」とお声掛けしてハイタッチ運動の輪
を広げて下さい。

男女50%の方が、未婚です。良いチャンスが無いのです。職場にも、世間にも。
何とかしなければなりません。このままの延長線上で、見える未来は、
日本人は、老人ばかりになり、力が萎え、やがて、絶滅危惧種になるといわれています。

ソシオと、OB・OGの皆さんと、NPO法人WLBと、一緒になって、人口減少を止める
運動の発祥の核をつくりましょう。

以上、会長のコメントを紹介しました。

ブログを通じてでも、声にする事が大切だと思います。
皆様方の大いなる声をお届けください。

ソシオしあわせの灯り絆プロジェクト

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

ソシオ 40周年 記念 キャンペーンのお知らせ

2017-05-25 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 10:42 AM

画像1.jpg結縁1

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

大安吉日 ジューンブライドの花婿、花嫁

2012-06-30 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 5:25 PM

梅雨の晴れ間にそっと顔をのぞかせる太陽が、まぶしくも嬉しい今日、ソシオの毎日は
大安吉日です。ジューンブライドの月に結ばれた花婿と花嫁。
各地で何と12組の華燭の典が挙げられました。
目を閉じて、お似合いカップルの素敵なコンビネーション、美しい新郎新婦のコントラスト
祝福ムードに想いを重ねています。

それぞれのおふたりが愛を育み、これからを共に歩む人と誓って、良き日を指折り数えて
待ち望まれた、人生最大のGolden day。
伝統ある神社、そしてチャペル、ホテル、海外 友人たちの手作り、等々
ご両親様や、友人同僚に喝采を浴びて今頃、新郎新婦がバージンロードを歩いている頃だろうか。
誓いの言葉に感動しているシーンだろうか。
ご出席の皆様のお慶びスピーチに、割れんばかりの拍手に包まれている頃だろうか。

隠しきれない内面からにじみでるよろこびと、最高に輝く新郎新婦の、一生に一度の感動の美しいシーン
そして、そのおよろこびの波動が伝わってくる様です。

ソシオはその出会いからゴールまで、12組12通りのプロセスを深い理解と確信のご支援で
一瞬一瞬の戸惑いや、タイミングを一緒になって歩いてきました。
だから私たちは知っています。精一杯おふたりを知り、支援することの大切さを。
10人10用の想いを誰よりも理解し共有してきた結果、ある時は手を差し伸べ、ある時はもつれた糸を紐とき
修復して背中を押し、おふたりがだした、まぎれもない赤い糸の絆でした。
だから円満にスムースにカップルが誕生してゆくことを。

結婚ならソシオ と言われるお客様との深い信頼の絆。ソシオが誇れる最高の宝物です。
共に創りあげるよろこび、ソシオの理念はお似合のカップル誕生で証明されています。
プロフェッショナルとは今、不迷の時代に使命という風が吹き荒れているとき、
無になれる事、尽くしきれること、そして、未来目標に向かってひた走る人には
必ず運命的な出会いが訪れることも。

大安吉日に婚約するカップルが他にも2組。この確かな出会いとスペシャリスト支援は
コミュニケーションとハンドメイドならではのもの。34年目を迎えたソシオの私心なく
ひたすらに人を愛し、国家の未来をを憂い貢献したい澄み切った青空の心境です。
出会いとプロセスご支援に明け暮れるセラピーたちの純粋な奉仕の毎日は、ブログ紹介にも
時間的余裕に、支障をきたす程の嬉しいご成婚です。
6月ジューンブライドにふさわしいカップルがこの後6組、引き続き誕生いたします。
果てしなく大きな責任と、よろこびを果たし得た今日も大安吉日に、そして花婿花嫁の皆様に
幾久しくおしあわせに。心からの祝辞をお贈りいたします。
いつまでも初心と、今日の日を忘れないで。        しあわせの灯りソシオ絆プロジェクト

uedhingu

                                 

(資料請求をご希望の方はコチラ)

(続編) 人が生まれた理由(わけ) 愛に包まれて

2012-06-18 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 8:59 PM

ソシオがしあわせ創りに生きる街、京都は今、萌える緑と色とりどりのジューンブライドに
ふさわしい白や淡いピンクの清楚な花びらが6月の薫風に揺れています。

この可憐な花のいのちが移り気な梅雨の季節に、生きる理由(わけ)を道行く人々に
強く優しく語りかけてくれているようです。

6月は34回目のソシオ創業の月、ジューンブライド花嫁の月、その名にふさわしい出会いや、
ラブ進行形、ご婚約、そして結婚式と連日心躍る情報交流と、「おめでとうございます」の
祝福ムードに包まれています。

今度こそは!の想いを期待に胸ふくらませ、お口こみの輪は連日、連夜、ご自分の末来設計を
真剣に、ご来社も超多忙が続いています。
アットホームで若々しい青春の鼓動にワクワクと変身してゆくメンバーの上気した表情や、
アツアツカップルのごあいさつ、ご来社の実際を、直接実感しながらの、ご見学は素顔の
ご自分を発揮される機会となり、ソシオのお仲間に加わって、確かな出会いのよろこびと夢実現に
ふくらむ想いが伝わってくるのです。

その分、私共の奉仕と使命感は、まっ白なキャンバスに向って描く、ラブストーリーに限りない
脚本の夢が泉の如く湧き出てくるのです。

 

人が生まれた理由(わけ)・・・それはしあわせに生きるためにあること。いとしいあなたに
出会うためにあること。見つめ合い、語り合い、力合わせ、支え合うあなたと生きる人生。
スタートとゴールを果たす、出会いの台本にまろやかでナチュラルな愛のかたちが見えてくる
のです。

人が生まれた理由(わけ)・・・愛あればこそ、赤い糸、絆あればこそ、はた目にもまぶしい
愛し合う理想のカップルが結ばれた後のおよろこびの声、ご了解を得てご紹介いたします。

 

 尚子の結婚につきましては本当にお世話になりました。
連休の間中、仁さんは京都で過ごされ、4月29日には二人で入籍を済ませました。
そして「勝田尚子さん」になってしまいました。

二人はすっかりラブラブで、特に仁さんはハートいっぱい。10月にソシオで撮って頂いたという
彼の写真と今を見て本当にびっくりしました。
10月の彼はもっとスリムでクールでシャープだったようですね。最近の彼はまるで別人の様。
京都に滞在中の仁さんは尚子とかたときも離れず、ふたり共トロトロ、メロメロ、にこにこ、ルンルンです。
私共夫婦と私の高齢の母親も連れて、カラオケにも行きました。仁さんは高校時代、応援団長だった
だけに、艶のある大きなテノールの声がとっても素敵で、カラオケの上手さに驚きました。
1年間に英語の論文を200本くらい読んでいたという時代の彼と、このメロメロ仁さんのギャップは
なかなか面白いものです。

しあわせのおすそ分けに友人のお嬢さんをご紹介いたしましたが、森さんからもとても感謝されました。
今後とも末永く、どうぞよろしくお願い申し上げます。

追伸、 結婚式場は「下鴨神社」に決定、披露宴はリーガロイヤルホテルに決まりそうです。

                                     (有名女子大学教授のお母様より)

 

(ソシオより)

ご紹介いただきました、森さおりさん、お付き合いが始まりました。最もベストなお相手か、温かく見守っています。

 

(仁さんより)

さて、いよいよ尚子さんと入籍いたしまして、ゴールデンウィーク中、披露宴会場を探しつつ
長い時間をご一緒に過ごしました。
そばにいるほどに尚子さんの聡明で女性らしい心くばり、ご家族のあたたかさが感じられて、
本当に、この人に出逢えてよかったと思う毎日です。
皆様には心から感謝しています。

尚子さんと一緒になれて、本当に本当によかったです!

また今度、ソシオさんに伺った際に、改めて心からの感謝の気持をお伝えしたいと思います。
おめにかかれる日を楽しみにしています。
よろしくお願い申し上げます。                        勝田仁        
                                         

昨日は、大変お忙しい折、突然お邪魔したにもかかわらず
皆様にはあたたかく迎えて頂きまして、誠にありがとうございました。
もう一つの実家に戻ってきたような心持で、短い時間ではありましたが
とても楽しく過ごさせていただきました。

また晩御飯までご馳走になってしまいました。
とても美味しかったです。
ごちそうさまでした。ありがとうございました。

まだ暫く京都におりますし、今後も帰京の際には
お邪魔したいと思っております。
今後とも宜しくお願い申し上げます。                      勝田仁、尚子

                                          

  

(尚子さんのお母様より)

今日は母の日で、仁さんから私にメールが届きました。尚子さんも勝田さんのお母様に
母の日メールと贈り物を届けたら、早速返事が来たそうです。一方我が家は、90歳の姑と
98歳の母と私たち夫婦と尚子さんで「母の日食事」をしました。

尚子さんは金曜日から学会で東京に行き、仁さんの所に一泊、筑波のお宅に二泊するそうです。
お義母様はご旅行でお留守ですが、お義父様が天体望遠鏡をお持ちらしく、三人で5月21日朝の
皆既日食を見る予定だとか。

とっても自由な新婚ライフに、当てられるやらちょっぴり羨ましいやらの思いです。
それではまた、失礼いたします。ソシオの皆様とてもお忙しいご様子ですが、どうぞ十分ご自愛
くださいませ。

注)お嫁に出したお嬢様を、その後「さん」と呼ばれるこの見事な気配りとけじめはさすがです。

入籍後のふたりは9月末の結婚式まで週末婚の日々を大切に、とてもお幸せなふたりです。

  

(新妻 尚子さんより)

GW中、仁さんと京都で過ごす、しあわせな時間に、こんなにもピッタリでいいのかしらと
ご縁の大切さをかみしめています。
連休中は仁さんと、披露宴の会場の見学にまわったり、家族でカラオケに行ったりと、充実した
時間を過ごすことができました。二人で過ごす時間を重ねれば重ねるほど、この人と出会えて
良かったなぁと幸せと感謝の思いがあふれてきます。人生で最高の、そして唯一のご縁を
結んでくださって、本当にありがとうございました。初めは私が遠くへ行くことに渋っていた祖母も、
今では「よくあんないい人と出会えたね」と言ってくれています。仁さんとはもちろんのこと、仁さん
のご家族やうちの家族、そしてまわりの人たちと、これからはどんどん思い出が増えていくのだと
思うと、なんてしあわせなんだろうと胸が一杯になります。専務様と会長様、そして社長様や
ソシオの皆様には、これからも末長くお付き合い頂き、見守っていただけたらうれしいです。
また仁さんと二人でお顔を見にあがります。
季節の変わり目、体調などくずされませんよう、どうぞご自愛下さい。

           勝田 尚子 ←  はじめて勝田と書きました。ちょっと緊張しますね(笑)

注:実に美しい手書きのレターでした。

 

ご紹介のご夫妻は3月22日付ある愛の詩シリーズ、52日でゴールされた白馬に乗った王子さまと
白雪姫と題した余りにもピッタリで最高にお似合いのカップルです。ご夫妻になられた後のおふたり
に出会う程に、男女の愛の素晴らしさ、エレガンスでプラトニックな最高峰の愛のかたちと、これ程
までに熱い夫婦の愛の大きさに心酔しています。

業界は風前のともしび、新たな潮流、あるべきかたちの本物を求めるカウントダウンが始まっています。
人がしあわせに生きる理由、いとしいふたりが寄り添って生きるソシオのフィロソフィー、おひとり
おひとりに、そして日本国家あしたのために、愛に包まれたカップル誕生めざしてウェルカム、
しあわせの灯りホットラインでお迎えしています。

                                        しあわせの灯りソシオ絆プロジェクト

画像1 会長と食事中

 

 

(資料請求をご希望の方はコチラ)

感謝の 母の日に想うこと

2012-05-14 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 9:09 PM

 果てしなく大きく大きく広がってゆく、よろこびの輪
人様のお役に立たせて頂けるしあわせなソシオの毎日は、光と希望とよろこびに満ち満ちて
満員のしあわせロケットが、いっきに空高く舞い上がるように、昨日も、今日も、あしたも
限りなく果報なマイウェイを拡充しているのです。

誠をもって、ひとつの余りにも髙き道を究める それは自分の立場からではなく
常に相手の立場になって、まっ白な想いで正面から向き合い、ある限りの愛を
惜しまないで受け容れてゆく。沢山の体験と理解を重ねる毎に、そのかたちは、刻々と
深い味わいを、かもし出してくれたのです。
常に相手優先の自分を磨きながら‥‥。

特に今年のゴールデンウイークは、日々成長を重ねたセラピーたちの、まっ白な想いで
実りを結ぶ、その力がふんだんに発揮された記念すべきGWとなりました。
目が廻るような沢山の出会いの提供とバックUPサービス、そして交際へ
青年男女の重なる胸の鼓動が伝ってくるのです。

みんなに愛を届けたい。みんなしあわせな結婚をしてほしい。そして子供を産み育てる
よろこびで家族の絆を深めてほしい。
これからの日本を支える結婚、そして出産、胸を張って挑戦してほしいのです。
成功体験と実力に培われたスペシャリスト、セラピーたちの心強い慈愛に包まれて
新しい世界に満たされた自分発見、夢を実現させまんか。

毎年、母の日には、全国に散らばっているOB家族の皆さんにも、こもごもの想いを
馳せています。双方のご両親様への感謝の心くばりはできているだろうナ。
明日は遠方からも里帰りして、ひさかたの家族水入らずの母の日、さぞかし
盛り上がっているだろうナ。その子供、孫たちに囲まれて、ご満悦のお母様方の
おしあわせな表情、目に浮かびます。

13日 日曜日、いつも通り賑わってるソシオでは、新婚間もないご夫婦が第3のおふくろへと
陣中見舞いに。そして別室では7年前に結婚された2児のOBパパがご来社。
合間を縫って出迎えた専務を待ち兼ねたように「母の日おめでとうございますご健在でうれしいです。」
丁寧にデパートの買物袋から取りだされた、とりどりのカーネーションの花束を
満面の笑顔で差し出されたその時、感無量の想いで思わず彼を抱きしめたそのシーンは
まるで本物の親子の様でした。
母の日に、わざわざソシオに出向いてまで、その想いを届けに、数えきれないOBを
代表するかのように。
珠玉の宝物 「誠意」 が、きれいな湧水の様に心を満たし、最高の至福感ムードに包まれました。
社会に於けるこのOBパパのご活躍や貢献は、こんなさり気無い優しさの奥に秘められた
心くばりが、こんなにも感動を呼び起こす 「有難う」 一杯の活性剤なんだと。
ささやかな、ひとひらの何よりもしあわせな母の日になりました。

画像1 OBと専務

 

(以下は例年、母の日に寄せられる、慈しみ成長された、愛娘たちからの、感謝のメッセージです。)

もう一人の母 鈴木梨津子様へ

5月13日 母の日に感謝の心と愛をいっぱいつめ込んで、お母様の大好きなランの花を
贈らせていただきます。
いつもソシオの大切なお客様の将来のため、いえ、大げさに言えば日本の将来のために、
寸暇を惜しんで、愛情一杯ふふりそそぐ崇高なお姿に感動し、一日も早く
一歩でも近づく事が出来たならばと、日々精進しているつもりです。が、なかなか
お母様に及ぶものではありません。
でも いつか きっと「良くやったわね」とよろこんで戴きたい、それが私たちの希望でもあるとともに
限りなく大きな夢なのです。
どうぞお体にはご自愛くださいまして、、いつまでも、いつまでも、美しくお健やかな
お母様でいらしてくださいませ。
                                不肖の娘より   
                                 ソシオ セラピー   高庄 公子
                                               神谷 延子

母の日 蘭の花  スタッフ

 

 コメント
「ご両名はかつてソシオで活躍、貢献され、時を経て再び社会奉仕をと、カムバックされた
ソシオ理念絶対崇拝のお手本となる、優秀なスペシャリストです。
何十年前から決して忘れることなく、感謝を届け続けて下さって、脱帽です。」

 

            三人目のお母様へ 愛と感謝をこめて‥

           この色とりどりの筆で、私達に素敵なフレーズを
           届けていただければ、嬉しいです。
           いつまでも美しく、お元気でいらしてください。
                                       平成24年5月13日
                                                          大 塚    濱 田
                                                  

Kからのプレゼント カーネーション     絆 愛 灯

(資料請求をご希望の方はコチラ)

ある愛の詩シリーズ ソシオの復活祭

2012-04-16 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 6:24 PM

春の訪れを待つ大自然の草木や樹々の若いいのちが、いっせいに芽吹きはじめて
暖かい太陽にそれぞれの花のいのちも満開の競演に、とても心が和みます。
どこからか甘く漂う香りと蕾がいっきに花開くさまは、まるで花に魅せられたように
この美しい春の風情をまとってみたくなります。

復活といえば余りにも有名なレフ、トルストイ原作のネフリュードフとカチューシャの物語ですね。
ソシオの復活祭とは、そのプロセスの中で分析し、省みる余裕の中から、改めてその価値に
気付いた時、文字通り最良のご縁が復活して結ばれるブライダルデザイナーの
世界にたったひとつだけの秀作です。
ご縁を大切に生きた人に贈られた心優しいプレゼントかも知れませんね

その主人公は37才慶応大学医学部卒、消化器内科のドクター
とてもユニークでお洒落な人間味溢れるお人柄です。超多忙で休会中でした。

ソシオの公休日、専務の自宅のベルが鳴りました。専務とはまるで母子のような関係です。
久しぶりのコミュニケーションは、反省会とも言えるものでした。
「かおりさんは その後どうされていますか。」 いつかは気付いて下さることを信じて
その言葉を期待していた専務は、飛びつきました。やはり彼女の本質をちゃんと
見て下さっていたのだと。その間14カ月の空白の時間が流れていました。

早速かおりさんとそのご両親様の元へ、この情報は伝えられました。
同志社大卒30才、明るく社交的なお母様の元で、今どきとは一味違う、とても日本的な
奥ゆかしさを秘めたお料理自慢の家庭的な女性。控えめながらしっかりとしたポリシーと
内助の功を発揮されるタイプの何才も若く見える愛らしい女性。

改めてソシオで、おふたりと彼女のお母様を交えて久し振りの感激のご対面です。
ムードづくりは抜群でした。とても明るく空白の時を越えて、和やかに親愛の情は
予想を遥かに超えてトントントンと自然の空気に包まれ、その後、改めておふたりだけの
久し振りのデートです。

かおりさんのお父様もお兄様もドクター一家。かつては公立大病院の理事長のあと
現在は某有名病院の名誉院長のお父様と彼とのはじめましては、次の週お宅訪問
ごあいさつに。ご家族全員の大歓迎を受け、話は尽きる事もなく、祝福のうちにスムースな
スケジュールとなりました。
そして、彼のお母様とのはじめましてのごあいさつもトントントンと。

お父様亡きあと、彼の幸せな結婚だけを待ちに待ちつづけられたお母様のご満足は
ひとしおの大感激。職業柄、仕事優先、ぜいたくなお相手選択。ふと気がつけば
沢山の出会いの中で、自分にとって一番大切な人である筈の人を、通りすごしていた事への
気付き。きっとそんな日が来るであろう事を予感していた、ソシオの沢山の現場体験の中から
生かされた、どんな宝物よりも大切な人生の選択肢は、こうしてご両親様から託されたご信頼に
ご満足を添えてお返しする事でした。
4月29日大安吉日に、めでたくお結納の運びとなりました。
結婚式は女性憧れのジューンブライドの吉日です。

私共に先生は居ません。結婚専科の専門カレッジは、すべて現場実践主義の中から生まれた
常にお客様の立場に立って、そのおよろこびの声、おふたりのお似合いのしあわせのかたちを
創ることが大優先テーマであり、徹底した貴重な体験の積み重ねの中から生まれた
復活祭でもあります。
今、ソシオはお口こみのおかげで人から人へと伝えられ、ますますグレードUPし
感謝と使命に燃えて、出会いにも夢を添え徹底したコミュニケーション、メンタルケアが
彼等をとても素直に可愛く変化させています。
自分を知るタイミングと、情報交流の大切さが教えてくれた復活祭48日目の
ラブストーリーでした。
大役を果たさせて頂いた安堵感に包まれています。
                      しあわせの灯り ソシオ絆プロジェクト

チューリップ          Y,E  結納

(資料請求をご希望の方はコチラ)

人生という名のドラマ

2012-04-06 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 4:30 PM

春の嵐に見舞われた日本列島。大自然の脅威にさらされて、またまた天災と放射能の不安は
癒えることはありませんね。
皆様にはお変わりございませんでしょうか。お見舞い申しあげます。

さて春は出会いと別れの季節でもあります。
入学 就職 卒業 結婚 人が生きてゆく中でさまざまなドラマが生まれます。

ソシオでは毎日、全スタッフの朝礼から始まります。朝礼担当のセラピーがさわやかメッセージを
発表します。その中にとても心に響く一節がありました。

人生とは自分自身が主役を演じるドラマです。実生活のドラマでは、単に演じる以上のことを
しなければなりません。自分自身で脚本を書くのです。始めから結末がわかっているドラマではなく
どういうドラマを描くかは本人次第なのです

運命は生まれたときから決まっていると言う人もいますが、自分の心や考え方を高めていくことで
運命を変えることができるのです。

運命に抗するのではなく、自分が演じたいと思う主役の脚本を書けるように自分の想いを常に
高めてゆくことなのです。そして少しでも早い時期に実行すれば、一日も早く人生を自らが
コントロールし、日々の一瞬一瞬を真摯に楽しく生きていくことができるのです。

そのきっかけは、人生の節々に数多くあるのです。それに向かって大切に努力していれば
チャンスは訪れ、チャンスを掴むことに通じるのです。
たった一度の人生に明確な使命や目的を持っていなければ、挑戦しなければ素晴らしいチャンスにも
気付かず見逃してしまう事になるのです。

人生という名のドラマは、自分を主役にして脚本を書いた人と、目的意識もなく、怠性で生きた人とでは
大変な違いがあるのです。

こうして、毎日の朝礼メッセージに込められた深い想いで、裏方に徹しながら、お客様サービスに
徹するスタッフの一日がスタートしています。
今日も又、2組のおしあわせカップルが誕生しました。
2組ともドクターと将来を誓ったそれぞれの愛という名のドラマ
、次回ご報告させて頂きます。
ソシオ青春の晴舞台、あなた様と一緒に主役の脚本綴りませんか。
                                     

                                                                    ソシオしあわせの灯り 絆プロジェクト

ジューンブライドブログ

 

 

 

(資料請求をご希望の方はコチラ)

ある愛の詩シリーズ  王子さまと白雪姫

2012-03-22 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 7:17 PM

こがね色の優しい光が溢れているのに、今年の風はまだ冷たく、陽だまりに寄り添
いたくなります。
ソシオの象徴とも言われるカトレアの花は、他のどの花よりも純白でフレッシュで、
美しい純愛を実らせています。ある愛の詩シリーズのご報告がご婚約ラッシュに追
われ、随分沢山貯まってしまいました。

仁さん、36才 阪大大学院卒、工学博士で文部科学省、上級官僚です。
長身でスポーツマン、非常に明るい太陽の様なお人柄は、誰からも好感度抜群で、
たとえようもない人間性は、まぶしい程のぬくもりと包容力に満ち満ちています。
子供の頃、お父様のお仕事の関係で、米国生活を送り基礎がしっかり身についてい
る好青年です。仁さんがソシオに登場されたのは昨年のゴールデンウィークでした。
そのキッカケは、仁さんのお母様が大学時代のクラス会出席がご縁でした。
5年前のクラス会のとき、年頃の子供をもつ母親たちの話題は、子供の縁談ばかり。
今回、ご紹介下さったTさんにも3人の立派なご子息様があり、ソシオで次々と、
3人共エクセレンスなご良縁で結ばれています。

仁さんのお母様はあれから久し振りに5年経ってのクラス会出席でした。Tさんに
その後のご様子を伺うと、「もう嬉しい悲鳴なの。孫々で大変なの」
「京都に歴史のある本物に出会って、そこで、長男、次男、3男、全部結婚しました」

その話を聞かれると、クラス会を抜け出して、そのまヽまっすぐに、京都に飛び込んで
こられた ほヽえましい ご紹介ストーリーから始まりました。

尚子さん、31才。京大大学院 博士課程卆、フランス留学。帰国後は、大学で、
フランス語を教えています。
聡明で知性豊かな人間力を秘めながら、本質的に女性としての愛らしいオーラと
イメージは、両面性を併せもつ、何とも魅力的な内面から滲み出る才色兼備の
理想的なカワイイ女性です。

尚子さんがソシオに登場されたのは、昨年末、暮も押し迫った御用納めの日、12月
29日でした。
お母様とお揃いでのソシオご見学、楚々とした初々しいキュートな笑顔とお人柄は
第一印象2重マルです。
いつもながらソーシャルマザーの直感が走りました。ピッタリのお相手は間違いなく
仁さん。両者を深い部分まで理解したスペシャリストの不思議な直感力が、その瞬間、
ひらめきました。
最もお似合いで、ふたりをいきいきと輝かせてくれるはずです。
そんなきらめく予感でした。

仁さんとの運命のケアマッチは10日後の新年1月8日でした。新しい歳を迎えた、
古都の街を、本年もよろしくと、八坂神社のお札をもった人々で、賑っていました。
ひとり目の出会いでも、みごとに決まるソシオの温い気くばりと、ハンドメイドの
立ち合いご紹介は、はじめましてを越えて おふたりを生き生きと輝かせ、内面から
滲みでるハートの高揚は、素直に表現されています。

第一印象フィーリングと価値観の見事な一致は、お互いの想いを素直に表現し、
一直線にラブ進行形となりました。
その後 ソシオのコミュニケーション、折々の情報交換は、きめ細やかにスムースに
愛の詩が 手書きのご報告で、感性豊かに綴られていました。

関東と関西のご良縁で結ばれるソシオのカップル誕生には、確実性とバランス共に
高い評価を頂いています。

仁さんは超多忙な日々のなか、マメに東京からのデートも、とても心こもるものでした。
2回目のデートは勿論、京都です。
尚子さんが大学のシンポジュームで研究発表されるその日、会場は、宝が池の国際会館
です。
仁さんは胸おどらせて彼女の発表に耳を傾けました。とても明るく わかりやすい内容
表現に更に深く魅せられ敬意を表しました。
パネルディスカッションにも参加し、そのあと、彼女の配慮で参加されていたお母様と
初対面のチャンスが待っていました。
お食事を共にして、楽しいひとヽきを過ごされたお母様の仁さんに対する第一報がソシオ
に届きました。

「仕事柄、いろんな人におめにかヽっていますが、今どきこんな素晴らしい青年、彼の
人間性、とても とても立派です。尚子が心魅かれる筈です。彼を評して「白馬に乗った
王子様」でしょうか。
「ワー素敵な表現ですね」さすがに、大学で教鞭をとり 若者をよくご存知の お母様の
見事な感想が寄せられました。

そして、次の週、彼女のお父様を表敬訪問。次の週は 仁さんのご両親様と尚子さんの
はじめましてのごあいさつです。
「何と可愛いヽ好印象のお嬢様、仁が白馬に乗った王子さまなら、尚子さんは、まるで
白雪姫ですね。仁が一直線に輝いていた気持ち、とても理解できました。」

そして3月3日のお雛様の日、ご両家紹介、2部でご婚約お結納と会長立会いの上、
見事なゴールです。

時流に合せて、近年 親も本人も大切な職責上、かっての様に、何回も両家が
一堂に会えることは日程調整にムリがあり、一部、二部で卆なく、円満にご婚約
が調う(ケースバイケース)が、とても好評です。

とてもスムースに、その愛はすべてを越えて、一日も早くふたりの末来へ向って進み
たいという、純粋無垢な王子様と白雪姫の誕生となりました。

そのあと ふたりは、早速入籍を済ませて、今、東京で新居と結婚の準備のため、尚子
さんの春休みは、熱いしあわせに包まれています。

ここで改めて集約しますと、ご両家、ご両親様の、職務環境、文化が共通していたこと。
お父様同志、京大卒で共に大学で教鞭をとられていたこと。その関係でふたり共、子供の
頃、外国で生活した経験もあること、何よりも大きかったのはふたりのヒューマンな、
人間力と、並べてとてもお似合いという、イメージ、共通点見事でした。

画像1.jpgJ-Hリラックス

美しい愛の詩は、おおいなる おふたりの末来を連想させるフォルムが、とても美しく伝わっ
てきます。心からおめでとうございますを贈る。まさに業界唯一のオンリーワン上質婚です。
時流の最先端に、今が旬の出会いを、プロデュース。ときを越えてクオリティの高さが評判
の出会いからゴール迄、55日。ハンドメイドの職人技とも言われるメイドインソシオの、
秀作は、3月も沢山のメンバーたちが色とりどりのラブストーリーで綴られてゆくソシオの
ブライダルコミュニティ。

かけがえのない人生に美しい大輪の愛をいっぱい咲かせたい。ようこそソシオへ!
ソシオならではの青春サークルで、ひとりの男性として、女性として更に磨かれ品格を
お届けしたい。創業者の理念は 質実共に継承されている証です。

ふたりで生きれば数倍の人生が待っています。
仕事の任務上、明けて3月末迄の勤務規則があり、その間、週末婚の日々は本物の愛に包
まれ 美しい愛の詩を綴りました。土、日の休日も、必ず彼が京都を訪ね、古都の歴史を訪
ねたり、美術館や、あらゆるデートコースを共有し、彼女の実家を、仮のマイホームで、
夜は、それぞれの分野の研究論文に集中する、その細やかな、ご報告連絡にも、ソシオへの
深い感謝の想いが綴られ、細やかな心くばりが添えられています。
新学期を迎えて、任務終了後、退職 待ち侘びた彼の勤務地で新婚生活がスタートしました。

結婚式は、京都の国宝 下鴨神社で、およろこび一杯に包まれました。
白馬に乗った王子様と白雪姫は余りにも お似合いで、その後も度々ソシオを訪ねて 最高の
ご縁に、感謝と気配りも、お手本の様なカップルでした。

これからの日本を担う、企業戦士、大切な若者の皆様へ、しあわせの灯りを一杯ともし続けて、
少子高齢化解消貢献に走り続けて参ります。

ご 紹 介 日  2012年1月8日

ご両家紹介  2012年3月3日

ご 婚 約 式 2012年3月3日

ご 結 婚 式 2012年9月8日 国宝 下鴨神社

ソシオしあわせの灯り 絆プロジェクト

画像1.jpgJH

(資料請求をご希望の方はコチラ)

お雛祭りに祈りをこめて

2012-03-02 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 7:21 PM

弥生3月雛祭り。3月3日今日は桃の節句雛祭りですね。
ご両親様の手塩にかけてお育てになられたお嬢様の華やかなお祭りですね。
雛壇に凛と並べられたりりしいお内裏様と、頬をぽっと染められたお雛様。
まさにソシオのラブストーリーを見事に成就されたお似合いのお二人そのものですね。
桃の香漂う春のひと時、ソシオでは2月早々に私共セラピーがお嬢様のご良縁を願って、
それぞれのテーブルに飾り付け、ケアマッチの皆様に愛らしさを愛でながら、
ご自分のご良縁に大きな期待がふくらんでいるようです。
3月3日本番のあと、早々にお納めします。
来春からはお雛様を急いでお片付けされる必要はもうございません。
ソシオが永遠の絆をお約束する、確かなご良縁が両手広げて翔び立つ日を待ってくれていますから。
ソシオ レディの皆様、大きな夢が広がりますね。
また3月3日素晴らしいカップル2組が大空高く飛び立ってゆかれる吉日でもあります。
私たちも心がはずんでいます。
ご良縁をお祈りしつつ‥‥
                                          セラピー補  杉山

ひなまつり まき雛

(資料請求をご希望の方はコチラ)

古い投稿 »