株式会社 ソシオ

「こんにちは 赤ちゃん!」 次々と届く感動の声

2017-06-09 カテゴリー: いのちの誕生 ソシオ 回転木馬 — socio @ 11:55 AM

ジューンブライド6月。
大自然も、樹々の若葉も花のいのちを競うように、いろとりどりの
初夏の 香りを運んできます。
新しい いのちの競演に夢と希望が広がります。

EPSON046なばなの里ー1

この季節を待ち侘びた鳥たちも、羽を伸ばして飛びかい、新しく生まれる生命のために
巣づくりに一生懸命。そして、ひな鳥のいのちの誕生に、餌を運ぶ母性の愛は
美しい大自然の感動詞そのものです。

初夏の風は、若葉や花のかおりを添えて、人間社会に夢を運んでくれますね。
日本の四季を愛でる ‘’四季の歌”

春を愛する人は、こころ清き人
すみれの花のような ぼくの友だち

夏を愛する人は 心強き人
岩をくだく波のような ぼくの父親

・・・♪ ♪ ♪。こころ沸き立つ季節の到来です。

画像2.jpg鳥2枚

ソシオの季節も創業40周年の6月は、記念すべき聖域建立の月。
しあわせ創りに生きた一筋の道を、この道の先駆者として,お客様大優先の結婚専科Ⓡは
ハンドメイド  マンツーマンで寄り添う 虹いろの伴走Ⓡは、その目的を果たしながら
ひとつの房に、たわわな実をつける、OBさくらんぼの皆さん達。見事な絆です。

愛の結晶  いのちの誕生は、第一子、第二子、第三子と、今、少子高齢化社会の解消に
寄与し、灯りをともす大優先課題に、結婚の見事な足跡を刻んでいます。

ソシオの自信は、結婚後、順調に  いのちの誕生へと続いています。

よろこびいっぱいの妊娠、出産予定日のご報告には、とり巻く家族のよろこびは人一倍
その予定日を指折り数えて待つ期待とよろこびは、そのご両家と同様に
聖母セラピーならではの 無上の感激、やり甲斐の延長線なのです。
予定日が近づくと、陣中見舞いのハートがはじけます。

産まれました~! 出産に立ち合った新米パパの感激の第一声を何万回
聞いたでしょうか  !
子は、かすがい 夫婦の絆は、より美しい夫婦愛に胸打たれるシーンに出会います。
第二子も,第三子も、その後の成長のステップも、ソシオの実績、誇りです。

お蔭様で、ここに至るプロセスは、ある愛の詩ストーリーを綴りながら、スムースなゴールと
順調に、いのちの誕生へと続いています。

そのワケは、平成4年迄の札幌から沖縄まで、全国ネットワーク 71支社 38,000名を有し
結婚と云う大役を果すための業界団体づくりの先陣に立ち、行政指導の真摯な業務遂行に
血の滲む様な努力も、数ではなく、質の低下に見舞われ、成婚の大役に副えなかった苦汁の猛反省が
今、安易な婚活社会の現状を憂い、結婚という大役を果すための結婚産業のあり方、メンバーズ資格
システム、サービス改革にこだわったソシオの反省と180度改善の大改革に踏み切ったソシオ独自の
方針、あるべき方向へ転換、苦節40年の経営理念、モラル  お客様大優先の成果が時
流現状に副った
登録商標  結婚専科®、業界オンリーワンの上質婚®を証明しました。

画像5.jpg親子3人

阪大大学院卒、大企業のエンジニアとOL
第一子出産後、成長した10か月目 2回目のソシオ訪問です。
ママの弟、阪大大学院卒  国家官僚、連続で昨年11月結婚
12月ベビー誕生予定。

役員 自らが先頭に立ち、システム、サービスのあるべき格差化を実践し、その成果を示す商標は
ハンドメイド、メンタルシステム、虹いろの伴走、上質婚、婚育、エクセレンスブライダル専科他
何んと13件の商標が示す通り、実践、その成果が認められた 他に類を見ない立派な証明と
評価されています。
又、メンバーズ、OBは関西圏に限らず、全国に点在し、政治家のみを除く、あらゆる職務の
エクセレンスも、ソシオ独自のメンバーズ構成も、現状時流に沿ったスムースなゴール
いのちの誕生の大役を果す、特徴の一つと言えるでしょう。

人間愛に満ちたアットホームなソシオサロンでのTさんドクターは、ご結婚後もご夫婦揃って
折々に近況や、ソシオへ里帰りですと、訪ねて下さったり。○○○ちゃん誕生の歓びは、又
ひとしおの宝物でした。

ケアマッチ、ご交際進行中のメンバーズとのメンタルコミュニケーション  「虹色の伴走®」そのままに、
交際中の本音の気持ちのリレーションはその心理を読み、連携プレーに手を添える、ゴール迄の
伴走支援は、スムースなゴールに向かって大きな推進力になっています。

「こんにちは  赤ちゃん」は、月、3月、4月、そして5月も次々にうれしい感動のお知らせは
この瞬間、今も入ったばかりです。

2015年12月25日 ブログ「ある愛の詩シリーズ」 の「ある愛の詩 名医の純愛 医は仁なり」 の
防衛医大卒の外科部長として超ご多忙の毎日をお過ごしの 彼から、「無事、出産しました !女の子です。」
こぼれんばかり うれしさいっぱいの初パパの感激の声です。

U子さんのご実家の病院でご出産、サロンはスタッフ全員で「おめでとう!」と、拍手鳴り止まず
歓声に包まれました。

これまで、沢山のドクターを送り出してきたソシオは、ドクターである前に、人として
素晴らしい人間性にふれて、同時に、彼のお母様のハートいっぱいのU子さん評にも温かい人間愛が
込められています。

画像2.jpgあじさいの2人

婚約のあとモネの傘を贈る。ソシオサロンで寄り添うふたり

2014年3月にご成婚された好男美女のご夫妻に、一男一女、2人の吾子に恵まれました。
パパは、名古屋大学大学院卒、世界を代表するトップ企業のエンジニア、当時31才。
ママは、神戸女学院大学卒、上場企業  社長秘書の才女でした、29才。
和服のとてもよく似合う、茶道、華道を身に付けられた、立ち振る舞いも素敵な女性
結納当日、ソシオメイトフォーラムの会場に駆け付け、沢山の人を前に、ソシオの結婚に
感謝とよろこびのごあいさつをされたのは、遂この前のことの様に思い出されます。
道ゆく人が振り返える様なチャームな女性、超特急のラブ婚でした。
彼も又、長身でとても素敵なエリート 企業戦士。並べてお似合い、この上ないご良縁は
遂昨日のことの様に、三年で二人の愛児に恵まれ、結婚の素晴らしさを証明しています。

一年後 2015年4月に第一子、真菜ちゃん誕生。
「わが家に又、小さな家族が仲間入りしました。」

今年、3月早春賦のころ、このご家族にコウノトリが可愛い いのち 家族を届けてきました。
若いうちに、2人は頑張ってね、の約束でした。

しあわせに生きるために生まれた男女が、結婚によって夫婦の絆、家族の絆が
将来への限りない人生設計を大きく、明るく照らしています。

画像1.jpgjpg 家族団らん

3年前に結婚、ご両家水入らずの子供の日
京大卒、エリートジェントルマンのパパ
気くばりと明るさで夫を支え、社交的なママ

ソシオでの確かな出会いは、ふたりが共に学んだ男女の美学や対人関係学セミナー
相思相愛の感謝の心や、ヒューマニティ、品性等々、デートの折々のコミュニケーションに
生かされた、こころの栄養剤となり、不思議な位 思考も、趣味もライフワークも順応しているのです。
フィーリング、コンビネーション、価値感の一致に、よりよい夫婦像をつくりあげた後に
孫と祖父母、両家の えにしは,結婚が
とりもつ感謝状です。

これからの、10年後、20年後の日本の未来は、急激な少子高齢化社会の荒波に翻弄され
未婚者、離婚による父子家庭、母子家庭の深刻な貧困問題等々、解消すべき問題は
待ったなしです。

離婚のない結婚こそ、結婚をのぞむ人への最大の贈りものです。離婚が悲劇を生み
子供の未来に暗い影を落とします。毎日の様にテレビで流れる事件やいじめ。現状社会は
どこへ行こうとするのか、不安定時代の到来。離婚のない、終生愛に溢れた理想の結婚を
提唱、実現させる時代をとり戻さなければなりませんね。
上質の出会いと婚育伴走支援は今、国家大優先課題です。バランスのとれた上質婚®は、
商標に示す通りソシオが開発した安全マークの誇るべき方向です。

月 NPO法人  WLBの総会明けに、昨年5月に挙式され、8月末ご出産予定の
新婚ホヤホヤのOB、職場の同僚、友人を紹介したい、と。
身重の彼女が、満面のしあわせ笑顔  ポッコリの大きなお腹をいたわりながらご同伴。
ソシオでの自分の結婚をふり返り、しあわせのおすそ分けね。と早速、ケアマッチ、ご交際となり
ソシオの内容に、友人は、涙、涙の感謝のスタートとなりました。
ご自分のしあわせな結婚が、次々と口こみの輪となって、隣人愛のハイタッチは、日本らしい
文化をとり戻しています。
これまでの婚活をふり返り、感激の涙、涙は、美しい人間愛の感謝が溢れていました。
彼女のお兄様ご夫妻(大学助教)も3年前にご結婚、昨年8月に第一子、女児を授かりました。

2017年は、新年1月から5月末までに、こんにちは赤ちゃんの誕生は何と63名
母子共に、健康、順調なご成長ぶりです。

画像1.jpg親子ぼかし強

すくすくと成長する  こんにちわ、いい子たち

こんにちは、赤ちゃん、夫婦の愛の結晶   ベビー誕生は、父になり母になって
子供たちと生きる希望に満ちた家族設計、愛のカタチは大地にしっかり根を張った大樹となり
ワークライフバランスは、いよいよ広く深く枝を張り、美しい花の開花に、家族の絆、安定の未来へと
続きます。
そしてもっともっと大切な  ご両親様への感謝の心が通じ合い、老後の安心を
温かい家族愛のぬくもりで、ご恩返しの心が育ちます。
子どもは、絆のかけ橋、愛の天使です。

寄り添う人の選択に、人生の方向がある事を、人はひとりでは生きられない事を
親になって、初めて知る  しあわせへの道標、お力になりたいソシオです。

月11日(日)大安吉日 2組の結婚式が待っています。
次々と、ご両家紹介、ご結納、挙式、ご出産のニュースが続きます。

(資料請求をご希望の方はコチラ)

NPO 法人 WLB ワークライフバランス推進協力機構 通常総会ご報告

2017-06-01 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 10:19 PM

.

EPSON044NPO総会報告ブログ1 (2)

.

2017年  NPO法人ワークライフバランス推進協力機構 第8期通常総会
並びに第9期理事会のご報告をさせていただきます。

初夏の風かおり立つ5月28日、第8期通常総会に於きまして
平成28年度の事業報告、決算報告原案の承認、そして平成29年度の事業計画
予算計画を満場一致で可決されました。

ワークライフバランス推進のための総合的事業計画を現状社会に照らし、特に
少子高齢化解消対策を最重点に、積極的意見、提案がありました。
ソシオノウハウを最大限に生かし、婚産学連携統合に基づき、明るい社会生活改善へ
第9期  本格的に活動することになりました。

セラピスト配偶者の緊急入院や両親の介護等、現状社会現象の通り、人手不足の
補充をしながら、推進することになります。
皆様の更なる温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。
夫々が重要な社会的役職で、出席出来なかった理事3名、改めて、6月3日(土)
追加会合を致します。

。第9期   第1回理事会

ソシオと当NPO法人が婚産学連携統合 一体となって、一般的婚活では対応できない
高学歴社会のビジネスエリート、企業戦士、ドクターズ、男女を問わず超多忙で
職務優先の人々に手を差し伸べる、親子の苦悩を大改善する「ソシオメイトフォーラム
親学の会」。
メンバーズのための、スムース円満な成婚のための人間学「愛を学ぶ青春塾」など
超  結婚難時代に、適齢の独身男女の結婚を、スタートからゴールまでの伴走支援は
オンリーワンの結婚専科Ⓡで証明されています。

本年2017年は、ソシオ創業40周年の歳、しあわせ創りに生きたひと筋の道を
結婚難に苦しむ人々に、しあわせの灯りをともすプロジェクトとしてNPO法人  WLB
ワークライフバランス推進協力機構  10年目の前哨戦の歳と重なり、業界オンリーワンの
虹いろの伴走(登録商標)を大車輪で結婚専科®の、決意も新たに使命を全うして参ります。

ワークライフバランス確立支援に関する事業として、結婚、出産、子育て、教育、絆、介護
高齢社会の生き方等々、多目的にわたり、家族の幸せを願う総合的な支援達成のための
スペシャリスト育成、業界唯一のOB会の原点に立ちかえる歳と位置づけました。

年頃になったら、誰もが気楽に取り組める安心、安全社会をめざします。

遂この前まで満開の桜も、はらはらと 風に散りゆくさまは、地面いっぱいに敷き詰めた花びら。
でも又、そして新しいいのちが芽生えています。

.

2EPSON045NPO総会報告ブログ

.

人は決してひとりぼっちじゃない事を、隣人愛に満ちた社会が戻ってくることを念じながら
温かいハイタッチ総会となりました。

淋しい人がそばに居たら、温かい灯りになろう、創業の理念に立ち返る記念すべき歳の
再スタートでした。

(資料請求をご希望の方はコチラ)

ソシオ 40周年 記念 キャンペーンのお知らせ

2017-05-25 カテゴリー: ソシオ絆プロジェクト — socio @ 10:42 AM

画像1.jpg結縁1

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

NPO法人WLB 通常総会のご案内

2017-05-20 カテゴリー: NPO法人 WLB機構 事務局 — socio @ 8:40 PM

2017年度  NPO法人ワークライフバランス推進協力機構  第8期通常総会,
並びに第9期理事会を開催いたします。

ご承知の通り、少子高齢化社会問題から派生する諸々の緊急課題は、いよいよ
超深刻さを増し、次世代を生きる老若男女を問わず、当NPO法人の果たす、
役割は重要な課題に直面しています。
その解消の第一に、離婚のない、結婚、出産、子育て、教育、就職、介護等、
ワークライフバランスの安定と、その問題、原因に、いじめ、虐待、晩婚化、
単身化、孤独死など、人間の尊厳すら、踏みにじられた、緊急の現象改善に、
善意と隣人愛の人々の、協力を以って、しあわせの灯りをともす、支援運動に
立ち上がった、創業40年、ソシオ結婚専科®、婚産学連携統合一体となって、
決意もあらたに、その使命を全うする最重要年と、心いたしております。

今こそ立ち上らなければ、次世代、あしたは これ迄にない社会が待ち構えて
います。一期一会、寄り添う社会へ、ご支援ご協力をお願い申しあげます。

.

画像1‐画像NPO法人-300x132

.

特定非営利活動法人WLB           平成29年5月21日
ワークライフバランス推進協力機構
.   役員・社員(会員)各位様

特定非営利活動法人
ワークライフバランス推進協力機構
.              理 事 長 鈴 木 雅 夫
.                副理事長  木 谷 充 男
.                副理事長  野 条 治 子

第8期通常総会・第9期理事会のご案内

日々ご活躍の御事とお慶び申し上げます。
皆様のご尽力と、ご支援、ご協力により、特定非営利活動法人ワークライフバランス
推進協力機構は、平成29年3月31日をもって、第8期を終了致しました。

世界情勢に見る、政治、経済の動向は目を離せない今日この頃です。
穏やかな安定と、しあわせな将来への社会貢献のために設立された当ワークライフバラ
ンス推進協力機構と一体となり、人々のしあわせ創りに貢献する 株式会社ソシオの、
結婚専科®役割はこれ迄以上に重要です。
わが国の10年、20年、30年後、次世代の国情を思う時、今、一丸となって、推進
のための改善計画の仕組みをUPし、実践。倍増の必要に迫られています。

日本社会に於ける現状も、少子高齢化進行は、今を生きる現実社会と次世代への弊害が
ワークライフバランスを根本から揺るがす現実社会となり、緊急課題としてNPO法人の
使命をもって今こそ立ち上らねばなりません。
人材不足による企業戦士, 個人とその家族、企業の未来に,予断を許さぬ超深刻な、少子
高齢化社会解消は、緊急大テーマを突き付けられています。

その原因は何かを共に協議し、そのための開発、進化、実践を以って、社会にOB家族
の次世代確立に課せられた大テーマ、使命です。

敗戦の中から立ち上がった日本が、世界の先進国として貢献し、豊かな国家に立ち直り
高学歴社会がもたらす先進技術の人材、豊かな生活環境とその力量が、世界に、貢献
した今、すべては人材による大貢献の証しです。

当NPO法人は、ソシオメイトフォーラムと併行して スムース円満な成婚のための人間学
「愛を学ぶ青春塾」を永年の実績と時流を読み、日本に誇る伴走支援は、オンリーワン
の結婚専科で証明。その開講により、成婚の著しい向上に、大きく寄与してきました。
更に、超  結婚難時代に、親子の苦悩の現実社会を大改善したい。適齢の独身男女の結婚
を、スタートからゴール迄、結婚後の子育て、教育、介護等、家族のしあわせを願う、
総合的な取り組み、そのためのスペシャリスト支援カウンセラー育成の充実、補充。
創業40周年を機に、ワークライフバランス推進協力機構設立趣旨の原点に返り、
定款の「事業」を推進する当機構の役務を、本格的に増産する時代に対応しなければ
なりません。

ソシオと当NPO法人が婚産学連携統合 一体となって、一般的婚活では対応できない
特に高学歴社会のビジネスエリート、企業戦士、ドクターズ、男女を問わず、超多忙で
職務優先。その人々に手を差し伸べ、バランスのとれた上質婚。伴走。ハンドメイド。
メンタルヘルスケア他、数々の商標権の認証が示す実践支援により、廻り道のない直線
コース目指して、短期ゴール支援のシステム開発は、先進国  高学歴社会にマッチした
オンリーワン専科の大テーマです。同時に、この真実を広く社会に知らしめ、かっての
時代をとり戻す、相互扶助支援協力なくしては、乗り切れない時代とご理解ください。

OB、次世代、その子、孫の代も、安定した人口社会の実現に寄与し、変わりゆく国
日本の激流に、さしのべるNPOのぬくもりを、ソシオしあわせの灯り絆プロジェクト
と共に、再構築の年とし、 ご賛同ご支援賜りたく、改めてお願い申し上げます。

今、時代に最も必要とされる、安心確実を願う人々のために隣人愛の手を差し伸べる
最重要法人として、ソシオ創業 苦節40周年、関係各位の想いを、国家、個人の将来
に向かって、今こそ一丸となり、推進する貢献の一助に生きた,第2のスタート年 と
致します。

つきましては、下記の通り、正会員による通常総会を開催させて頂きます。
特に本年度は記念すべき、ソシオ創業40年。ワークライフバランス推進協力機構、
10年目の前夜祭に当ります。重ねてご出席くださいますよう、ご案内申し上げます。
尚、当総会において、時代の要請ワークライフバランス推進に於ける、当法人の具体的
活動へのご提言も是非共賜りたく、お願い申し上げます。
ご意見、ご提案、アイデア他、ご提言。OB会の原点となった、かっての積極的隣人愛、
感謝のお返しのご支援は、沢山のしあわせ家族を産みました。

その大同団結の意をお汲み取り頂き、社会貢献のよろこびを共有する再スタートラインと
なります様に、ご理解とご支援の決意の第8期総会並びに、第9期理事会ご出席を、
全員にお願い申し上げる次第です。

ご参考迄に、NPO法人HP・並びにソシオHPより「さくらんぼの会ブログ」「ソシオ
ブログ」
にて詳細ご理解賜ります様、改めてお目通しお願い致します。

(「結婚専科ソシオ」→検索 又は「上質婚ソシオ」→検索)でどうぞ。
略称、NPO法人WLBもリンクされています。

< 記 >

.    第8期通常総会並びに第9期理事会

日時:平成29年5月28日(日)総 会 午後2時00~午後3時30分
.                理事会 午後3時30~午後5時00分

場所:TKP京都四条烏丸カンフアレンスセンター 3A室

京都市下京区仏光寺通リ烏丸西入ル TEL 075-353-5466
(地下鉄四条駅6番出口 歩1分)地図参照

歓迎 NPO 会員募集

正  会  員  年会費  6,000円  総会の議決権を有します。
賛助会員  年会費  3,000円  総会参加可、

※ 現状社会改善のために、積極的ご参加をお待ちしています。

※ ひとりでも多くのご参加が数10倍の力となって、
社会を明るくする啓発、貢献に寄与致します。・

(資料請求をご希望の方はコチラ)

新緑の季節 20年前のOB 麗しき 愛の便り

2017-05-13 カテゴリー: しあわせの灯り絆プロジェクト — socio @ 5:56 PM

EPSON037(ブログ5月13日の①)

いのち燃えたつ若葉の季節 5月は、大自然のいのちも芽を出し、顔を出し、
いろとりどりの花の競演に誘われて、たおやかな感性にスキップしたく
なりませんか。!

ゴールデンウィーク。そして子供の日、母の日、人々が生きる上で一番大切な
感謝と想いやりと絆を改めて振り返る機会でもありますね。
つくしの坊やや、たんぽぽの黄色い新鮮な色も風情も日本の四季の素晴らしさに
新たな活力が生まれます。

GWも 婚育伴走支援は、溢れんばかりのニューフェースのメンバーズの中から
次々と4組8人が短距離の直線コースでめでたくご婚約、その合間を縫って
「生まれました~」 のいのちの誕生は、大歓声とご出産祝いに追われ、誕生秘話の
感動が延々になり、ちっちゃな天使たちに、まずまず、ご免なさいと
健やかに大~きくな~れとの メッセージを贈ります。

画像1.jpg華2

ソシオの毎日は相も変らず、婚約中、 結婚間もない新婚カップル ベビーの初顔見せ、結婚後
4年も5年も経った今も、変ることなく日本全国からOBの皆さんが、第二のふるさと
ソシオに、感謝の想いを届けて下さるアットホームで、新鮮な想いを、運んでくださいます。

そんな中、20年経った今も変らぬOB家族の今を、奥ゆかしかった日本が、今忘れがちな
大切な生き方を、まごころで示す、美しい人間愛に溢れたお手紙が届きました。
ご紹介いたします。
とても心に響く 心の詩が綴られています。

EPSON03620年前、の便り



Socio
の結婚  20年目のお便り

鈴 木  会 長 様  専務様

今、あたたかい感動を胸一杯にペンを取っています。
長い海外駐在を終えて、帰国し、一番先に訪れたかったのは、私たちの人生の出発点となった
心のふるさと、ソシオさんでした。
ときめく想いを押えて、20年ぶりに訪れた私達夫婦の出会いの地 Socioさん。

何千組というカップルの中の1組でしかない私達を先生方は驚く程、よく覚えていて下さり
20年前と全く変わらぬご様子でお迎えくださいました。

ずっと見て頂きたいと思いながら今、大学で未来志向の先端技術を学ぶ息子を本当の孫を
迎えるように、プレゼントまでご用意頂き、目を細めてご歓待下さり、熱いおもいが
込み上げました。

そして目にいたしました私達がお世話になりました当時の写真やなつかしい自画像の絵!!
実は今回お伺いするに当たりまして多分目にすることは出来ないだろうなぁと半分は
諦めていたのです。
もちろん私たちにとりましては、たまらなくなつかしく、大切な思い出ですが、先生方にして
みれば20年前の訳ですから・・・。

ところがそれは私達の幸せを願う先生のお言葉まで添えられて大切にファイルされていたでは
ありませんか。! こんな感動はございません。20年前、私達は決してビジネスライクではなく
赤の他人である私達のことを心から親身にお世話下さる先生方の情熱のお陰で最高の出会いを
得ることが出来ましたことを感じていました。
しかし今回、結婚後もなお、こうして幸せを願い身内のような愛情を持ち続けて頂いていることを
目のあたりにして、やはりSocioさんだったからこそわたしたちの縁がつながったのだと確信し、
感謝のおもいを深く致しました次第です。

20年間心ならずもご無沙汰して参りましたが私達家族のルーツとして、いつも心に先生方の
存在がございました。よく夫婦で「お元気でいらっしゃるだろうか?」とお噂していましたが
この20年間で1フロアーだったものが3フロアーとなり、素晴らしい後継者を得られて
先生方もますますご活躍、幸せの輪がさらに大きく広がっていることに、私達もこんなに
うれしく励みになる事はございません。

その間、更にまっすぐな道を次々と改良、開発進化の新しい企画システムで、メンバーの皆様も、
よりハイレベルの現状に、さすがと感動さめやらぬまゝ、ご恩返しの協力こそ一番のご恩返しと、
自分に誓いました。今後Socioさんの更なるご発展を心よりお祈りしています。

そして私達も先生方に恥ずかしくないよう、気持ちも新たに夫婦心を合わせて参りたいと存じます。

あふれる感動のままに乱筆、乱文どうぞお許し下さいませ。

末筆ながら、お忙しい中、あたたかくお迎え下さいました社長様ご夫妻様そしてスタッフの皆様にも
くれぐれもよろしくお伝え下さいませ。

世界のまん中で学んだ私たちは、世界の動きをキャッチしながら、ソシオOBの誇りを胸に、職責を
全うして参ります。素晴らしい数々の商標、婚育伴走支援でビジネスエリートの皆様に温かい結婚の
輪を拡げて下さいます様、そして、いつの日か,又ひとり息子の結婚を2世代続けてお願いする日迄、
どうぞ、ご健康で社会の灯りでいらっしゃいますように、先生方ご一同様のご健康を神戸よりいつも
お祈り申し上げています。


最近こんなに美しい人間性のよく出来たご夫妻が、少なくなってゆく現実を
とても憂慮しておりました。
結婚難の時代に愛の本質を知る由もない I T 社会のはざまで、孤独とたゝかっている時流を
本来の日本にかえる日を祈っていました。

このご夫妻は、当時27才と25才  京大大学院卒、世界のトップ企業の研究開発に携わり
今、世界の最先端にいます。
17年前  海外勤務、その実力は管理職となり、今年帰国されました。
奥様は、名門フェリス女学院大学卒の、並べてお似合いの好男、美女のおふたりでした。

今、実家の近くに、日本の風に吹かれて、先端技術の研究に生甲斐の人生と、新婚当時の
まゝ仲睦まじい O B のお手本と言えるでしょう。

ソシオ40周年の足跡をふり返りながら、よくぞ乗り越えてきた正統派の道のり。
そこには、愛に溢れた10000組を超えるOBの皆様と共に信じ合い、助け合い、
力合わせて共に寄り添い共に走り抜けた、絆の殿堂、結婚専科のある愛の詩、
よろこびの讃歌が所せましといっぱいに溢れています。

画像2.jpg赤ちゃん3人


次回、いのちの誕生、へと続きます。

風雪に耐えて、春が来れば必ず美しい花のいのちが開花します。
大自然の豊かなめぐみ、ご家族みんなで満喫なさってください。

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

婚学、婚育 伴走支援が産み出す ソシオメイトフォーラムの進化

2017-04-28 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 2:30 PM

初夏を感じる好天に恵まれた4月23日、世界各国から、日本の伝統文化発祥の地
京都は、観光シーズン本番、古き佳き名所旧跡を訪ねて、日本中から、世界から
沢山の観光客を迎えています。
垣根を越えて、友情を育み,好感度な交流は、路地裏にも外人の姿を見かけます。

昨年の勢い そのままに、 上質婚ゴールへと続いた12月のメンバーズ期待の「愛を学ぶ青春塾」は
受講後、13組26人のカップルが「虹いろの伴走 」支援に応えるように、ご両家ご紹介 ご婚約
結婚式と、とてもスムースにゴールが続いています。

画像1‐画像NPO法人-300x132

EPSON034花を摘む女性

「ブロヴァースの休日」

青春塾の磁力は、婚学、婚育のエキスを培養。
ハートいっぱいに、人間的成長と共に、青春を謳歌し男女の愛の素晴らしさを満喫しました。
そのプロセス支援は、共に伴走するセラピストたちの愛の結晶、エクセレンスなゴールとなっています。

逆に、合理化優先のIT社会は、対人関係の機微も知らない。男女の愛も未知の世界。
結婚を本人だけに任せる時代ではなくなりました。
超 結婚難 少子化社会の原因
は、急速に、男女アンバランスな職場環境変化をもたらし、
今こそ 親の深い愛をさしのべる現状認識と、親学を通じ、
結婚の現状、実態を理解、
結婚難解消へ協力支援の必要に迫られました。ソシオの灯りとぬくもりの、
ソシオメイトフォーラム
親の会 親学見学会は、安心確実なゴールを届ける大役にお応えしています。

4月23日(日)お子様のしあわせを祈り 願う親の切実な想いが一堂に。
ご立派なセクションと、品性あるご両親様お揃いで、現状社会の実際に真剣な学ぶ姿勢が
会場一杯に、親の愛が溢れました。

不安定な世相は、ますます不透明感を増し、「人は、ひとりでは生きられない」
日本の総人口もこの数年急激な、人口減を続けています。

少子化対策は待ったなし 、個人の将来は、ふたりで生きる未来設計へ、自ら進んで自分のために好条件の

ときにワークライフバランスよく寄り添う人と自分のために創り上げる。そこに、結婚の大きな意味があります。

毎回大好評の、フォーラム開催を待ち侘びる親の想いにお応えするために、敢えて25名前後の
ご参加に限定し、おひとり おひとりに寄り添うぬくもりに包まれています。

画像3.jpg会場ぼかし

創業40年。反省と改善の歴史に培われた  上質の出会い  結婚専科が、結婚難解消
少子高齢化解消のため、NPO法人  WLB 最高顧問  特任教授であり、ソシオ創業者の
鈴木梨津子専務 は、息つくいとまもなく公的業務に追われ。今回の講演が最後になるかもと、
その熱い情熱と深い想いを、幸せづくりに生きた40年の集大成、 実務の中から伝えたい聖職の想いを
人としての生き方を、そして業界のあるべき方向を、成功体験から生れた実際のケーススタディを交じえ、
ご出席のご両親様に丁寧に語りかけ、多くの気づきとご理解  ご賛同の中、大きな愛の手をさしのべました。

あるお母様が、こんな熱意の、しかも86歳の自分を忘れて「神ってる・・・」と・・・
梨津子専務の大方針、「相手優先、自分は、後」常にスペシャリストの道をゆく姿に、
受講後、綴られたアンケートには、しあわせ創りの王道をゆく第一人者、とありました。

ゴールデンウィークを間近に控えた今回のフォーラムは、ご子息様、お嬢様と
ご一緒に、親ご同伴の ご見学予約で、つぎつぎと日程が詰まっています。

ブライダルシーズン本番のジュンブライド6月は、ソシオ創業40周年の月と重なり
あらたなイベント特別企画にも正統派オンリーワンの、エクセレンスブライダルとして
一石を投じる、あらたな開発進化への道を進めて参ります。

EPSON041スタッフ会議


出会いが人生を変える。その先導役を務める徹底した人財教育、実践に磨きをかける
セラピスト達。
永年の人間味溢れる惜しみなきサポート、ご支援は、メンバーズの人間的成長と安定した未来へと
続いています。スタッフ一同、熱い情熱、深い想いは、更に一層の伴走支援サービスに努めて参ります。
変わらぬご支援をお願い申し上げます。

めい あい へるぷ ゆう

代表取締役社長   中  谷    健

(資料請求をご希望の方はコチラ)

ある愛の詩シリーズ  純愛カップルのラブソング

2017-04-08 カテゴリー: しあわせの灯り絆プロジェクト — socio @ 11:27 AM

桜前線の北上が、つぎつぎと春の訪れを連れてくるかの様に
京都にも、うららかな春の装いが、日々満開の桜で彩られてゆきます。

IMG_1238


桜の蕾が徐々にふくらみ、春本番を告げるかのように一気に 開花する花のいのち。
純情、純愛のカップルが、満開の花を咲かせました。

少子高齢化が急激に社会環境に大きく影響をもたらし、社会構造も急激に
経済活動に、人手不足という問題を投げかけています。大きな波のうねりのはざまで
彼は関西大学卒業後、関西福祉大学に進み、福祉問題に取り組み介護士の資格を習得
将来のビジョンとして高齢化社会の担い手を目指し、介護士として頑張っています。

進学男子高から、潔よい志をもって、厳しい環境下で使命感に燃えて活躍しています。
34才  結婚を真剣に考えるようになっても、出会いのチャンスは、ありません。
結婚業界の実態も知らないまま、結婚情報会社を知り、2年間籍を置いていました。
噂の通り、その間に出会いは、たったのふたりだけ。出会いはできてもフォローも
なければ、アドバイスもない、純粋な方ほど、戸惑いと不安、そして不信感の中で
時間が容赦なくすぎ、年齢が重なるばかりです。そして貴重な2年間は過ぎました。

そんな折、京都大学卒の弟様に、ソシオから口こみご紹介のご挨拶とご案内があり
京都に本物がある。
早速に、お母様同伴で、ソシオ見学にお越しになりました。

画像2.jpgmakoto(家族の祝福の中で)

いわゆる純粋で、世間ずれのない好青年です。ストライクゾーンの限られたタイプで
お相手様も厳選する必要を感じていました。彼には、メンバー専用の『愛を
学ぶ青春塾』には必ずご出席頂くことのステップUPの効用も伝えてありました。

この人なら、と確かなご縁が、お一人決まればよいのだから、まず、女性とのお付き合いに
スムースな流れが生まれるように、出会いを通じて体験頂きながら
折々のアドバイスの実践は、またゝく間に青春をとり戻しました。

お母様共々『愛を学ぶ青春塾』も楽しみに受講し、お父様が、あれ程可愛い
花嫁を楽しみにしておられたのに、突然心筋梗塞で急逝されたことも、
彼を人間的にも大きく成長させ、更に逞しく男の美学、プラス明るい向上心は
伴走するセラピーのカウンセリング支援にも見事な答えが生れました。
ケアマネージャー の資格も取得、将来設計に備えていました。

お相手の女性は、昨年の夏休み、ソシオOBから資料を頂戴したと、お母様と
ご一緒にソシオご見学に。

彼女も まわた色したシクラメンの花にも似て、純白、純粋な無垢の女性です。
武庫川女子大学で栄養学を学び、管理栄養士の資格を活かし、病院勤務です。
彼女にも、男性学を学んで頂く事の必要性を伝えながら、待ち望んでいた
彼のお相手にぴったりと、担当セラピーは直感しました。

画像4.jpg真飾り(進化した近年の結納)

10月初旬のケアマッチも、お互い 8歳の年齢差も違和感なく スムーズにお付き合いに
入り、セラピーのきめ細やかなアドバイス通り、シフト制の中で日程調整を最優先して
ポートアイランドでの初デート、そして古都  京都でのデートや神戸六甲、御堂筋の光の中を、いちずの想いを
こまやかに、はずむ想いをありのまゝに伝えてきました。

お互いの気持ちの急上昇を、セラピーは敏感にキャッチし、そこには虹色の伴走  そのままに
ふたりに寄り添い、お互いの想いの連携は、ある日、女性にソシオ来社の上で、彼を慕う
女性の想いが、いじらしく伝わってきました。
純粋な彼女を大切に、遠慮がちに想っていた彼のよろこびは、だから頂点に達しました。

11月に入って、姫路で紅葉を楽しみ、12月神戸のルミナリエ、そしてクリスマス、と
純愛のある愛の詩は、スムースな愛のよろこびを綴りました。

画像5.jpg真2人(ツーショットで寄り添うふたり)

ふたりは、間違いなく初ラブ。セラピーは根気よく、2人の愛情の熟成を見守り
気持ちの温度差がない事を確認し、2月に入りお互いのご両親様へのご挨拶に伺うことになりました。
最近お父様を亡くされた彼のお母様のお喜びは、何ものにも変えがたい感動と感謝でいっぱい。
彼女のご両親様も、見違えるように女らしく 積極的に成長した娘と、頼もしい好青年とのご良縁に
大満足。ご両家共にそのよろこびは、如何ばかりかと、ソシオも安堵の想いに包まれました。

3月25日(土)大安の佳き日に、ご両家様ご紹介。つづいて2部で鈴木会長の経験豊富な
立ち合いのもと、御結納も、滞りなくご婚約相整いました。

画像2.jpgmakoto2

想い起せば、彼の想いを知りたくてソシオを訪ねてこられた時、その真意を見抜いた
婚育のハートは、そのプロセスを聞きながら「とても大切に想っていらっしゃるのね・・・」
はっと顔をあげて、素直に コクンと嬉しいそうにうなずかれた時の、あの喜びの表情。
忘れることはできません。

いつも好印象の彼が更に温かい笑顔で、愛を学んだチャンスも2回。ご誠実そのもの。

ソシオでは、ご婚約の日  古きよき伝統と心くばりが添えられているかの様に何故か
20才の成人式にお召しになった振袖姿が、日本女性、いや西日本女性の愛おしさが
伝わってきます。

お相手に多くを望まず、ひたすらに大切に想うお気持ち、思いやる姿勢、お互いに
純粋故のひた向きな愛が非常に印象に残る純愛カップルの誕生でした。

メンバーズの円満なゴールが、慈しみ、お育てになられたご両親様への最高の感謝のお返しと
なるご成婚。仲良く寄り添うふたり  そのものが最高の親孝行となっています。

現在ご交際進行形の沢山のカップルの皆様と婚学  婚育の虹いろの伴走支援は
愛情豊かなセラピストたちの自信と生甲斐の聖職として、今日も夢中に
春風の中をかけ抜けて います。

S O C I O 統合・N P O法人
WLB ワークライフバランス推進協力機構

(資料請求をご希望の方はコチラ)

 「世界の平和を願って」 感動 共感の想いをご紹介 

2017-03-26 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 4:58 PM

.

.

愛子様が、22日学習院女子中等科をご卒業されました。皇太子様、雅子様も
卒業式に出席され、4月からは、学習院女子高等科に進学されます。
.

愛子様2

.愛子様1

宮内庁は、愛子様が卒業文集に寄せた、平和への思いを綴った作文を
公表しました。

愛子様の作文を拝読しました。
15歳の多感なお年頃の素直で、ひた向きな想いが綴られています。
目の当たりに見た原爆ドームの印象、千羽鶴を手向けた思い、平和への感謝が
行間に溢れています。

日頃の両陛下が向き合う国民への姿勢、想い、そして、ご両親の皇太子殿下
雅子紀のご家庭の文化が、真摯に反映されているように思います。

以下、愛子様の作文をご紹介致します。
.                          社 長  中 谷 健.

.
世 界 の 平 和 を 願っ て.    . 敬 宮 愛 子

.

卒業をひかえた冬の朝、急ぎ足で学校の門をくぐり、ふと空を見上げた。
雲一つない澄み渡った空がそこにあった。家族に見守られ、毎日学校で学べること、
友達が待っていてくれること…なんて幸せなのだろう。なんて平和なのだろう。
青い空を見て、そんなことを心の中でつぶやいた。このように私の意識が大きく
変わったのは、中三の五月に修学旅行で広島を訪れてからである。

.

原爆ドーム

.

原爆ドームを目の前にした私は、突然足が動かなくなった。
まるで、七十一年前の八月六日、その日その場に自分がいるように思えた。
ドーム型の鉄骨と外壁の一部だけが今も残っている原爆ドーム。

写真で見たことはあったが、ここまで悲惨な状態であることに衝撃を受けた。
平和記念資料館には、焼け焦げた姿で亡くなっている子供が抱えていたお弁当箱、
熱線や放射能による人体への被害、後遺症など様々な展示があった。
これが実際に起きたことなのか、と私は目を疑った。

平常心で見ることはできなかった。そして、何よりも、原爆が何十万人という
人の命を奪ったことに、怒りと悲しみを覚えた。命が助かっても、家族を失い、
支えてくれる人も失い、生きていく希望も失い、人々はどのような気持ちで
毎日を過ごしていたのだろうか。私には想像もつかなかった。

最初に七十一年前の八月六日に自分がいるように思えたのは、
被害にあった人々の苦しみ、無念さが伝わってきたからに違いない。
これは、本当に原爆が落ちた場所を実際に見なければ感じることのできない
貴重な体験であった。
その二週間後、アメリカのオバマ大統領も広島を訪問され、
「共に、平和を広め、核兵器のない世界を追求する勇気を持とう」と説いた。
オバマ大統領は、自らの手で折った二羽の折り鶴に、その思いを込めて、
平和記念資料館にそっと置いていかれたそうだ。

私たちも皆で折ってつなげた千羽鶴を手向けた。私たちの千羽鶴の他、
この地を訪れた多くの人々が捧げた千羽鶴、世界中から届けられた千羽鶴、
沢山の折り鶴を見たときに、皆の思いは一つであることに改めて気づかされた。

.

広島記念公園

.

平和記念公園の中で、ずっと燃え続けている「平和の灯」。
これには、核兵器が地球上から姿を消す日まで燃やし続けようという願いが
込められている。この灯は、平和のシンボルとして様々な行事で採火されている。

原爆死没者慰霊碑の前に立ったとき、平和の灯の向こうに原爆ドームが見えた。
間近で見た悲惨な原爆ドームとは違って、皆の深い願いや思いがアーチの中に包まれ、
原爆ドームが守られているように思われた。
「平和とは何か」ということを考える原点がここにあった。

平和を願わない人はいない。だから、私たちは度々「平和」「平和」と口に出して言う。
しかし、世界の平和の実現は容易ではない。
今でも世界の各地で紛争に苦しむ人々が大勢いる。
では、どうやって平和を実現したらよいのだろうか。


何気なく見た青い空。しかし、空が青いのは当たり前ではない。
毎日不自由なく生活ができること、争いごとなく安心して暮らせることも、
当たり前だと思ってはいけない。
.

.
折り鶴05

.
なぜなら、戦時中の人々は、それが当たり前にできなかったのだから。
日常の生活の一つひとつ、他の人からの親切一つひとつに感謝し、
他の人を思いやるところから「平和」は始まるのではないだろうか。

そして、唯一の被爆国に生まれた私たち日本人は、
自分の目で見て、感じたことを世界に広く発信していく必要があると思う。
「平和」は、人任せにするのではなく、
一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから。

「平和」についてさらに考えを深めたいときには、また広島を訪れたい。
きっと答えの手がかりが何か見つかるだろう。
そして、いつか、そう遠くない将来に、核兵器のない世の中が実現し、
広島の「平和の灯」の灯が消されることを心から願っている。

.

17才卒業文集に寄せられた、余りにも純粋、無垢な真っ白な想いが綴られ
このニュースに釘付けになりました。

私は、みんなが美しい隣人愛で平和を祈る国民性を、一緒に継げていけたら
と、胸いっぱいでソシオブログに投稿させていただきました。

人を想う世の中を創りあげたいソシオの理想が、恐れ多くも同様であることに
今も感動の想い、鳴りやみません。
.         鈴 木 梨 津 子

ソシオしあわせの灯り絆プロジェクト

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

ある愛の詩シリーズ  若 さ 弾 け る 青 春 賦

2017-03-16 カテゴリー: しあわせの灯り絆プロジェクト — socio @ 2:50 PM

春は名 のみの風の寒さや・・・学生時代に口ずさんだ早春賦の
メロディが、どこからか流れるようにハートに染み入る弥生3月。
若さを代表するように、今回は超特急の直行便。
新快速  ソシオ あかり号は、一直線にゴール駅に到着しました。

ふたりを迎える沢山の友人やご家族の歓声に包まれて、フレッシュで
熱い若さ弾ける青春賦を奏でながら、短距離ゴールで祝福の喝采に
包まれました。

画像2.jpg早春賦―1

彼は29才、京都大学 大学院 工学部卒。精密機械メーカーの
エンジニアとして専門分野に翔く期待のスペシャリストです。
若々しい行動派で、スポーツ万能。職場の男女比の環境さえ整えば
若さ弾ける青春を、満喫できる好青年でした。

にも拘らず、30才を前に案じておられたご両親様は、ソシオメイト
フォーラムに積極的にご出席されました。
歳の瀬を控えた昨年11月13日、年内最後のフォーラムに参加された
事、その親の愛が彼の人生を大きく変えた大切なチャンス、第一歩と
なりました。

刻々と変わりゆく、若者をとり巻く社会、職場環境。
結婚の時流は音を立てゝ、大きな嵐を巻き起こしています。
物が豊かに溢れる中、孤独社会が先行し、人は本当にしあわせなのか。
人生って何だろう。生きるって何だろう。
人生とは、人間らしい生き方を演じ舞う晴れ舞台で、愛する人と
手を携え、愛し合い、支え合い、精一杯 悔いなく生きること。
そのチャンスを掴むこと。

隣人愛を置き去りにした社会は、結婚難を背景に次世代を
託すべき若者に、そのチャンスさえ奪ってしまっています。
大きな赤信号、警鐘の渦中にある今、ソシオの使命はご成婚。
Socioメイトフォーラムの主旨と目的のために作成した渾身の
テキストは25Pにまとめた、ソシオの愛の力作です。

親の知らない現状とその解決の秘伝が、数知れぬ若者を美しいラブ 青春賦
ある愛の詩で結ばれています。そのプロセスは、メンバーズに
寄り添う婚育伴走 支援。次々と翔びたつカップル誕生は、ソシオ40年の
歴史と実績。反省改善による研究開発から生まれました。

ご両親様参加は、親の想いを共有した解決のヒントがスマートに、廻り道ではなく
両者のバランス第一に配慮した  結婚専科Ⓡとして、今、円満スムースな短期ゴールに
勿体ない程のご信頼に、我を忘れて没頭しています。
彼も又、若さ溢れるソシオ青春サークルで、持ち前の行動力は、ぴったりの
女性と中味の濃い青春を迷うことなく、ゴールに向かっていました。

画像5.jpg早春賦ー3

その相手となった女性は、30才。同志社女子大学卒。
食品大手メーカーのPRプランナーとして、広報担当  総合職の
明るく聡明な 現代女性です。

彼女には、可愛いエピソードがありました。
彼を紹介する前 のある日、突然ソシオを訪ねてこられました。
彼女がメンバーズになって、一年余り経っていました。
その間、素敵な男性と複数、数々のご紹介も実らぬま  ゝ、大切な20代を
越えて30才を迎えた或る日、友人に誘われてある会のパーティーに参加
された結果、「ソシオとの大きな格差、その余りの違いに目からうろこ。」
正直にその事を伝えたくて、謝りたくて、ご来社されたとの事、その表現の
何と可愛いく素直なこと。遂々、噴き出してしまいました。
「実は今日、お詫びに来たのです。 私、一寸だけ脱線したんです。」
「それ何のこと?」
お互いに明るくメンタルコミュニケーション。
「やっぱりソシオは最高。ご免なさい。全く相手は居ませんでした。これからも
よろしくお願い致します。私、これ迄をふり返って、勿体ない事をしていました。」
それ迄に出会った過去の人は、次々と他の女性とゴールしています。

30才を迎えて はっと気が付いて、明るく正直にわざわざその事を謝りに来社される。
何とも可愛い女性です。
セラピー達がこれ迄愛した、その明るく聡明な女性に変りはありませんでした。
彼との運命の出会いは、12月3日。

洗練されたビジネスセンスと天性の聡明な人柄は、その明るい表情や
何とも若々しい仕草に、ケアマッチは大成功。勿論、ご交際スタートとなりました。

画像6.jpg早春賦―4

お互いにフィーリング、波長と価値観 共に すんなりと、楽しいデートは
京都や、神戸、奈良に想い出を刻みました。
そしてタイムリーに、本年最後のメンバーズ恒例の  愛を学ぶ青春塾に  ふたり揃って
出席しました。

大学でも、職場でも、家族でも、学べなかった  愛される対人関係学
男の美学、女性の美学、出会いからゴール迄の成功のプロセスを、聡明な
ソシオメンバーズだから通じる品性ある手作りのテキストに込められた 愛と
祈りは、沢山のことを学び、気付き、発見、反省  そして自信へと青春塾の
あとは次々とゴールへ翔び立つカップルたち。

この日、偶然にもふたりは司会者から、突然指名され、しめく  ゝりのスピーチに
拍手に包まれました。
それぞれがアンケートも終り 、ふたりは揃って、夜のとばりに包まれた
クリスマスイブの京都の街へ、消えてゆきました。

交際中のカップルには、タイムリーにクリスマスの前夜祭、イブの日。男女の人間学
愛を学んだメンバーズの皆さんは、心に響く愛の行方に確信が生まれました。
それぞれがデートを楽しみながら、今日学んだ婚学にあらたな感動とタイミングの
大切さにもふれ、当然の様に、新しい年を迎えて次々とゴールが続きました。

そんな時、彼は、実力をかわれ、東京へ栄転の話が持ち上がりました。
関西生まれの関西育ちの彼女が、東京住まいになる自分に、将来を託してくれるだろうか?
新年早々、彼からソシオに相談のメール着信。

彼女とまだお会いして間もないのに、将来についての話題はまだ早いでしょうか。
担当セラピストは、彼の想いを彼女に告げると、まだ心の準備ができていないので
少しだけ時間が欲しい。でも彼に対する想いは進行形。
その狭間で揺れるデリケートな女性心理を共に伴走したチーフセラピストは
双方との細やかな連携プレーを通じてその心理に触れ、豊富な実例を伝えました。

大樹の様な彼の将来性とパーソナリティー に魅かれていた彼女の結論は、いっ気に
ゴールへと向かいました。

クリスマスイブの  愛を学ぶ青春塾。この流れを産み出すタイムリーなシステムが
その後一直線に祝福のゴールを迎えました。

創業40年、常に時流を読み、その流れに沿った結婚専科Ⓡ、上質婚Ⓡ  ソシオの先進
開発、研鑽のプロセスは、円満スムースな確信の流れを産み、誰の場合でも、万一
一抹の不安ある時は、出直しを提案。あらたなご縁を支援する。
そのための流れの時期、タイミングを読むための、両者との連携プレーに真意を読む
そのカギがある事を心得ています。
そこにトラブルや離婚のない結婚が、約束される 根本的安心  信頼の成婚となって います。


画像1.jpg傘のふたり


今回、ご両親様揃って、ソシオメイトフォーラムに出席されたのが11月13日。
ご本人同伴で即、ご面談、行動開始、青春を満喫する日々が続きました。
吾が子のしあわせを祈る親の愛は、順調に大輪の実りとなりました。

流れに沿って3月4日(土)の佳き日にご婚約。それからのふたりは、水を得た
魚のように愛に溢れ、創業者から贈られた婚約記念の晴雨兼用、モネの傘に寄り添い
ツーショット のカメラが羨む程のまぶしいふたり。
今回も、超高速のリニアモーターカーの若々しい愛の詩を綴りました。
結婚の持つ心のエネルギーは、まぶしいばかりです。

息つく間もないご婚約の間に  間に 「産まれました~。」と いのちの誕生。
ある愛の詩が、昨日のことの様に綴られたばかりなのに、ベビーラッシュも又
嬉しい愛の讃歌です。

さくら舞い散る季節を前に、大自然の  いのちの誕生も又、待ち遠しい早春賦でした。

(資料請求をご希望の方はコチラ)

早春の ソシオメイトフォーラム

2017-03-03 カテゴリー: NPOワークライフバランス推進協力機構 — socio @ 9:59 AM

早春のかおりは、いっ気に初夏のような光がふりそそぐ中、
早春のソシオメイトフォーラムが開催されました。

ご子息様 お嬢様の円満なご結婚を願ってご両親様一堂に、とても熱心にメモを取り、若者を取り巻く社会環境に改めて深いご理解を示されました。

講演担当の創業者 鈴木専務は、86歳!!
若い時から40年余りをこの道一筋に歩んでこられた年輪の重さからくる言葉の深さ。
ひとこと  ひとことにお人柄からくる温かさも加わり、言葉の一つ一つが深く心に響きます。
時には立ち上がり、時には歩み寄り、ご参加者の皆様の反応もその都度くみ上げて、ひとりひとりに語りかけるような講演内容はとても魅力的でした。
また、そのパワーたるや春の陽気をも包み込むほどの熱さです。
終始  和やかに笑みをたたえ、優しく語りかけ、お話の内容はこの上なく濃く、実体験をふまえて、とてもわかりやすい例をあげられるのですが、
その  ひとつひとつに、真実のストーリー、ドラマがあり、いつの間にかどんどん引き込まれていきました。

実際のケーススタディを、きちんと数字をあげて説明されるので、
漠然としたお話ではなく、その説明も公明正大、
伴走支援のプロセスは、現実社会の厳しさを深く理解されるきっかけとなりました。

ご両親様の深い想いが、会場いっぱいに拡がっていくのです。

テーマ「親学のすゝめ」では、大きくうなずきながら、変わりゆく時流の現実を、
親の愛と理解の大切さに、本音は、幼いころのスキンシップや優しさを求めている。
親に対しては、いつまでも子供の目線・・・。

結婚には夢がある、旬がある。
旬とは必要とされる時期、心身ともに、みずみずしい時期、新鮮なハートとラブが育つ。
若々しい肉体に健康優良児が育つ。

結婚適齢期を軽視しない。旬は上質婚に大差がつく。旬は余裕がある。
自信と
よろこびにあふれ、急成長。
相手に必要とされる旬の時期、上質良縁の最短距離である、などゝ。

今日ご出席の皆様には、責任もってゴールをお届けします。
ここまで約束できる確信・・・。
一瞬、会場が静まり返り、深くうなずくご両親様の後姿が、最後方で勉強していた私にはよーく見えました。

.                

いつの間にか時間は過ぎ、気が付けば予定の時間は過ぎていましたが、誰一人席を立つひともなく、あっという間の時間でした。

結婚を見届けるまでは、親の責任。出番ですよ・・・深くうなずくご両親様。
最後のご挨拶まで皆様の集中力が途切れなかったのは、本当にすごいことだなと思いました。

それほど、講演の内容が、今、結婚難に悩む若者たちについてタイムリーな内容だったのだと思います。
生きた情報の数々は、やはり迫力があります。
またご両親様の想いは、専務の愛のある確信と実績によって、癒されていかれるのも感じました。
何より専務の熱意に触れることで、本物のソシオがある、と勇気と期待を得ることができたのではないでしょうか。

そして、今、まさに求められているのは、ソシオ理念  めいあい  へるぷ  ゆう 熱意なのではないかと感じます。
誠意こそ、ひとすじの光明なのかなと感じます。

結婚について、誰かに背中を押されたい、踏み出す勇気をもらいたいと、実は誰もが心の中で思っているのかもしれません。

そんな気持ちを素直に表せる場所こそ、人と人をつなぐ最初の一歩になりうるのでしょう。
専務の大きな愛を受けて、私も微力ながら誠心誠意、お幸せ創りのスペシャリストでありたいと こころに誓いました。

またこのフォーラムのために、役員・担当スタッフのきめ細やかな準備 気配りは、ソシオの寄り添う伴走者そのものでした。
ご出席の皆様の感謝と熱意のアンケートにも、共感の想いと吾子への親の愛が沁み込んでいました。
さあ! 早速皆さんの活動開始のスタートです。
目下セラピー補として勉強中の私のハートにも、更に熱い灯りをともしました。

セラピー補    西   本

.

(資料請求をご希望の方はコチラ)

古い投稿 »